Blog

saig.jpg
医療機関が壊滅的な打撃を受け、自分も避難生活に・・・
インスリンがなければ生きていけない【A1Cマスターひろ】としては
想像するだけでも恐ろしいです
でも、対策をしているかと聞かれると・・・

スポンサーリンク


東日本大震災と津波によって多くの医療機関が壊滅的な
被害を受けていました。

日本糖尿病学会や日本糖尿病協会だけでなく
インスリンメーカーも協力して迅速な対応が
されていたそうです。

ただし、医療支援に駆けつけてくれた医療スタッフも
糖尿病については専門外の方が多く苦労されたようです。

災害時のこうした医療支援体制はとっても大切ですが
患者としてもイザという時のため準備は必要ですね。

とは言っても【A1Cマスターひろ】も
これといって対策を考えていませんでした。

こんなサイトがありましたので参考に災害時対策を
考えてみようと思っています。

〉〉〉糖尿病患者さんのための災害マニュアル

地震発生直後から被災地の避難所を巡回し診療をししていた
国立国際医療研究センターの岸本美也子先生達の報告書に
『いろいろな精神的ストレスのなかでも比較的に血糖値の
コントロールが良かった方は日頃からコントロールが良かった
患者さんが多かった』と報告されています。

普段からキチンと血糖値コントロールをすることが
災害時対策の重要なポイントなのかも知れませんね

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top