Blog

abere.jpg

血糖値の単純な平均値とヘモグロビンA1Cの関係って気になりませんか?
【A1Cマスターひろ】としては20年間ずっと疑問に思っていました。
しかし、血糖値の平均を取るなんていうことは現実には無理です。
ところが、こんなデータを見つけました・・・
 

スポンサーリンク

 
2008年なので、ちょっと古いデータですが「Diabetes Care」にあったのです。
●調査の内容

調査対象者 : 1型患者268人、2型患者159人、健常者80人の合計507人。国は10カ国
調査方法  : 5分間隔で1日288回の血糖測定を1ヶ月に2回、他の日は
1日7回の測定を週3日以上・・・これを3ヶ月実施
3ヶ月後にA1Cと血糖値の平均を比較
この結果をグラフにしたものが上の図です。

よくも、こんな調査をやったものですね。なかにはズルをしちゃった人もいたりして・・・
このグラフでは、やっぱり関係があるんだなということがわかりますが
良く見ると、点々の血糖値平均にはバラツキもあるんですね。

たとえば、ヘモグロビンA1C7%の少し手前あたり(6.8%前後かな?)ですと
血糖値平均が100位の人もいれば200位の人もいます。
やっぱり【A1Cマスターひろ】はヘモグロビンA1Cの方が気になりますけどね。

引用
●日本語でないので自動翻訳してもちょっと難解
「Diabetes Care」http://care.diabetesjournals.org/content/31/8/1473.abstract

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top