Blog

糖尿病
昨年、亡くなられた香川伸行さんを久しぶりにテレビで拝見しました。
今回は香川伸行さんの特集というよりも糖尿病の合併症で闘病中の
香川伸行さんを支えた奥さんにスポットライトを当てていましたね。

糖尿病の合併症で腎不全から人工透析となった香川さんを支えた
奥様の頑張りには敬意を表します。
もちろん我が家の嫁にも・・・

スポンサーリンク

ドカベン香川伸行さんの死因は糖尿病合併症

糖尿病合併症
ドカベン香川伸行さんが亡くなられた当時の報道によると死因については
心筋梗塞と発表されていましたが、もともとは糖尿病の持病があったため
合併症の『糖尿病性腎症』になり、そして腎不全による人工透析と進行し
太い血管が侵され、ついには心筋梗塞・・・ということのようですね。

 

でも、ここで疑問が・・・こうなる前になんとかならなかったのでしょうか?
このことは、こうした糖尿病の合併症との闘病記録に出会うたびに思うのです。

糖尿病という診断を受けてからキチンと治療に取り組んだのだろうか?

定期的に診察を受けていたのだろうか?

主治医はどんな指示を出していたのだろうか?

        ・・・などなど

 

残念ながら、まじめに治療に取り組んでいても合併症を
発症してしまう方もいるでしょう。

 

でもでも、まじめに治療に取り組むことで合併症の発症を
防いでいる方がいることも事実です。
ドカベン香川伸行さんはそんな努力をしたんでしょうか?

 

テレビの情報だけで亡くなられた方に厳しいことを言うのは
冷酷なのかも知れませんが、これではテレビを見ていた人には
『糖尿病イコール悲惨な闘病生活』というイメージだけしか
残らないじゃありませんか。

 

糖尿病は早い段階から治療に取り組めば悲惨なことにはならない!
ひろは信じています・・・信じたい!!

 

もちろん個人差があり一概に言うことはできないのは承知の上ですが
インスリン注射がなければ生きていけない”ひろ”のような糖尿病患者でも
治療に向き合うことで健常者と変わらない生活ができているのです。

 

今回のテレビの中でも「仕事の付き合いで仕方なく・・・」という
場面が強調されていました。

 

ひろは『仕事の付き合い』が大事であっても、
失明したくありません。
足を切断したくありません。
人工透析になりたくありません。
悲惨な闘病生活なんかしたくありません。

 

IDDM歴23年目ですが、幸いにして合併症は
発症していないようです。

将来の事は、わかりませんが家族のためにも
自分のためにも頑張ります・・・あきらめません。

 

「おっと、そろそろ血糖が下がって来るかもしれない・・・」
指パッチンしてきま~す。 

>>>こんな有名人も糖尿病!?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top