Blog

合併症,順番
糖尿病治療の目的は合併症を防ぐことといわれますが、合併症の発症には順番があるようです。合併症は高い血糖値が続くことで血管に障害が起こることで発症しますが、細い血管の障害はあの3大合併症につながります。そして、それには『しめじ』と呼ばれる順番があったのです。

スポンサーリンク

糖尿病合併症の順番は『しめじ』

しめじ
合併症の順番が『しめじ』・・・何のこと??
もちろん、きのこの『しめじ』じゃありませんよ。

糖尿病3大合併症の発症順番を病の頭文字を使って
並べたものなんです。

順番① 『
一番最初に引き起こされるのは「神経障害」です。
就寝中に足がつったり、手足がしびれたり痛むなど、様々な症状が現れます。
神経障害だけではありませんが、初期の段階では自覚症状がほとんどないため
合併症はついつい放っておいてしまいがちです。
症状が進行するとやがて「壊疽」と呼ばれる状態に陥り、足を切断しなければならなくなります。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

順番② 『
その次に引き起こされるのが「網膜症」です。網膜には毛細血管が沢山分布していますが、糖尿病の患者はこの毛細血管がつまったり、血管の壁に大きな負担をかけることになるため、網膜に酸素や栄養が不足し、眼底出血などの症状を引き起こします。症状が進行すると、やがて失明に陥ってしまう恐ろしい病気です。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

順番③ 『
そして、順番的に最も遅いのが「腎症」です。
これは、病名の通り腎臓に障害をきたしてしまうことで、放っておくと「腎不全」に陥り、人工透析をしなければ生きていけなくなってしまいます。

糖尿病合併症の順番は一般論・・・!

一般論
でも、この順番はあくまでも一般論・・・
”ひろ”の周りには眼底出血が最初の合併症だったという方も
何人か存在しています。

合併症の発症について上記のような順番と、さらには何年で発症するかまで
書かれているサイトがありました。
それによると・・・
網膜症の場合は6~8年、神経障害は5年、腎症は糖尿病発症後10年だそうです。

 

オイオイ、あんまり怖いこと言わないでよ!
IDDM歴20数年の”ひろ”は合併症だらけか???
そのサイトも『一般論として』と逃げの手は打ってはあるようですが・・・。

 

知識として知っていることまで否定しませんが
無責任に合併症の恐怖心を煽るようなことは
やめてもらいたいですね。

糖尿病患者の”ひろ”は合併症が怖いです。イヤです。
ですから、やれることをやるだけです。

だからこそ、合併症の定期的検査をやろうとしない病院が
現実に存在することに強い憤りを感じてしまうのです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top