Blog

渡辺徹,糖尿病
渡辺徹さんが糖尿病を患っていることを知る人は
多いと思いますが、発病前の渡辺徹さんの食生活は
とてもキケンなものだったようですね。

 

渡辺徹さんと言えば、1981年に「太陽にほえろ」で
デビューを飾ったとっても甘いマスクの俳優さんです。

 

デビュー当時の渡辺徹さんは身長180センチに72キロという
とても理想的な体型でしたが、見る見る間に太ってきました。

スポンサーリンク

渡辺徹さんの糖尿病は食事から?

渡辺徹,食事
でぶキャラの渡辺徹さんでしたが明るい性格とふくよかな体型で
グルメ番組の出演やバラエティ番組などの依頼がとても多く
依然として人気を保っていたのです。

 

渡辺徹さんは30歳の時に糖尿病で緊急搬送されることになり
闘病生活が始まってしまいました。

 

糖尿病は遺伝がおおいに関係していますが、
2型糖尿病の場合は不摂生もかなり影響します。
(1型糖尿病の原因は違いますよ!!強調)

 

糖尿病で倒れた当時の渡辺徹さんの食生活は想像を絶する
恐ろしいもので、なんと1日6食も食べていたというのです。
しかもその量は相当なものでした。

 

もともとマヨネーズ大好きの渡辺徹さんは
大もりのかつ丼にたっぷりのマヨネーズをかけたり
普段の食事でもご飯にマヨネーズをかけていたそうです。

 

カロリーと塩分の高いパスタは簡単に3皿をぺろりと
平らげるほどでした。

 

またカルピスは薄めずに原液で飲んでしまったり、
大好きな炭酸ジュースを毎日9リットル飲んでいました。

 

(そういえば”ひろ”も低血糖時にカルピスを原液で
飲んでいた時期もありましたが・・・)

 

成人男性の一日の必要カロリーを渡辺徹さんは3倍以上も
とっていたというのです。

渡辺徹さんは糖尿病合併症

渡辺徹,合併症
糖尿病はいろんな病気を併発します。

 

2012年には心筋梗塞であることが判明し6時間に及ぶ
大手術をしましが、これも渡辺徹さんの暴飲暴食が招いた
恐ろしい結果というべきでしょう。

 

また、現在は週に3回の透析治療も行っているようです。

 

妻である榊原郁恵さんのヘルシー料理と家庭菜園で採れた
野菜たっぷりの料理のおかげでかなり体重を落とすことが
できたようで今のところは以前ほどの危険はないようです。

 

渡辺徹さんのように糖尿病やそれに併発する様々な病気に
かからないためには、普段の食生活がとても大切であると
いえますが、残念ながら、糖尿病の治療を頑張っても
合併症を併発してしまうことはあり得ます。

 

でも、IDDM歴23年目で何の合併症もない”ひろ”としては
『糖尿病=合併症=悲惨な闘病生活』なんかじゃないと
強く信じています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top