Blog

上島竜平,糖尿病
タレントの上島竜平さんが糖尿病だと告白しましたが
ダチョウ倶楽部の大ボケを担当する上島竜平さんには
彼の持つ人間性からか深刻さは感じられませんね。

スポンサーリンク

上島竜平さんも糖尿病に悩んでいた?

お笑い芸人として超個性的なキャラクターの上島竜平さんも
仕事を離れた上島竜平個人としては、やはり糖尿病には
心中穏やかならぬものがあるようです。

 

糖尿病は日本の国民病とも言われ、予備軍を含めると
二千万人とも言われます。

 

糖尿病には大きく分けて二通りの型があります。
子供のうちから始まることが多いとされる1型糖尿病と
2型糖尿病があり、2型糖尿病は日頃の不摂生と食事の乱れや
運動不足という生活習慣病とも言われ、先の上島竜平さんも
このタイプに当てはまるようです。

 

ただし、上島竜平さんの場合は『初期の糖尿病』のようで
後日、上島竜平さんは糖尿病予備軍と告白していましたね。

 

2型の糖尿病は、糖尿病全体の95%ともいわれるように
最も一般的なものになりますが、初期の段階においては
肝臓や膵臓などの内臓が一晩や二晩の睡眠で回復する余力が
残っているため自覚症状にも気づかないことが多く、
悪化させてしまう場合も多いようです。
上島竜平さんも初期とはいえ注意が必要ですね。

 

上島竜平さんの糖尿病の原因はわかりませんが
食事もアルコールも適度な量は、ブドウ糖として
体を動かすエネルギーの源でもあり不可欠な要素です。

過ぎたるは及ばざるがごとしで、ブドウ糖を運ぶインシュリンが
出なくなっては血液は働けません。

 

エネルギーを待っている臓器や各筋肉たちには届かずに
血液の中で溢れ返って、血糖値があがり、血液の硬直化や血管への
ダメージから様々な合併症を誘発し、最悪は壊疽や死に至る怖い結果を
引き起こします。

 

上島竜平さんが糖尿病を治療するために節制した食事と
規則正しい生活をしているというのはキャラとギャップが
あるのですが健康には変えられませんよね。

 

上島竜兵さんも、なるべく早く専門医に相談し
早期の治療にあたることを望みます。

 

実際には、上島竜兵さんも糖尿病の治療を
真剣にやっているかも知れませんけれどね・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top