Blog

劇症1型糖尿病,症状
劇症1型糖尿病の症状の前に劇症1型糖尿病とは
いったいどんな糖尿病なのでしょう。

 

1型糖尿病は劇症1型糖尿病と緩徐進行型1型糖尿病の
二つに分類されます。

 

病名のイメージから、なんとなく推測はつきますよね。

その通り!!!

あっと言う間に1型糖尿病になってしまうのです。

スポンサーリンク

劇症1型糖尿病に特有の症状はない!?

劇症1型糖尿病
”あっと言う間”ってどのくらいなのでしょうか。
なっ、なんと1週間くらいだそうです。

 

劇症1型糖尿病調査研究会の報告によると、先週受けた
健康診断で健康体といわれた人が今週には1型糖尿病と
診断されてしまうようなケースもあり得るのです。

 

劇症1型糖尿病は極めて短期間にインスリン分泌が
なくなる病気だということです。

 

糖尿病の兆候はまったくないのに突然発症してしまい
1週間以内に膵臓のβ細胞がゼロになる・・・・・

うっそ~!

 

劇症1型糖尿病は、こんな短期間にどんな症状が
出てくるのでしょう。

 

やっぱり糖尿病なだけに最も多いのが
”のどの異常な渇き”といわれています。
劇症1型糖尿病だけの特有な症状といったものはないようです。

 

劇症1型糖尿病の症状として多いものに”喉の渇き”を
挙げましたが、もちろんこれだけではありません。

劇症1型糖尿病に見られる症状

劇症1型糖尿病,症状
劇症1型糖尿病の症状として、体のだるさ、吐き気や
腹痛、下痢などといった風邪の引き始めと似た症状と
頻尿の症状などもみられます。

 

風邪の症状と似ていることも多く、自己判断で
風邪と思い込み治療が遅れることのないように
したいものです。

 

治療法としては適切な輸液とインスリンの投与ということが
必須の治療法となります。
状況によっては、全身状態について、呼吸、循環器の
救急的管理が必要な場合もあります。

 

病因の詳細はここでも不明で、ウィルス感染を契機として
抗ウイルス免疫が惹起されて、膵島β細胞が破壊されることが
原因だと考えられています。

 

劇症1型糖尿病はケトアシドーシスによって昏睡を来して
回復したあとも、血糖のコントロールが困難になり網膜症や
腎症、神経障害や動脈硬化といったような合併症のリスクも
比較して高くなっています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top