Blog

妊娠糖尿病,影響,治療法
妊娠糖尿病は、妊婦の方がかかるとても頻度の高い病気として
その患者数の増加とともに注目されるようになってきました。
妊娠した方の10人に1人が発症するともいわれています。

 

妊娠糖尿病を発症したほとんどの方は
「妊娠する前には糖尿病とは無縁だったのに・・・」
と、思っています。

スポンサーリンク

なぜ、私が糖尿病に!?

なぜ,糖尿病
妊娠をすると子宮の中で胎児に栄養が行くようにするため
胎盤から糖の代謝が悪くなるホルモンを出すことで
血糖値を上げようとするシステムが働き始めます。

 

しかし、飽食や高齢出産の割合の増加などにより
妊婦にとって有害な域まで血糖が上がってしまうことが
起こるようになってしまうのが妊娠糖尿病です。

 

妊娠糖尿病は母体だけに有害となるだけでなく
胎盤を通って胎児にも影響を及ぼしてしまいます。

 

太りすぎて難産になったり、羊水が増えすぎろことで
羊水過多になり、切迫早産になったり、最悪の場合には
死に至ることもあります。

妊娠糖尿病の治療法って

妊娠糖尿病,治療法
妊娠糖尿病の治療法として、まずは、血糖値のベースが
上がらないように、食後の血糖値のコントロールが大切です。

 

基本的には食事による治療法が中心になってきます。

必要以上に食べ過ぎることはNGですが
必要なカロリーは摂取することも大切です。

 

摂取カロリーを数回で摂るようにすることで、
急激な食事の血糖値の上昇を抑えることができます。

 

また、食事以外にも糖分が多い飲み物などにも
気をつける必要があります。

 

それに加えて負担がそれほどかからない適度な
運動による治療法も必要です。

 

食事や運動ではあまり効果が見られない場合の治療法では
まず赤ちゃんに影響のない内服薬が処方されます。

 

それでも、血糖コントロールが良好にならない場合は
自分で血糖値を測定しながら、インスリンの自己注射によえる
治療法が行われることになります。

安全な出産のために

安全,出産
妊娠糖尿病は特に症状が見られない場合も多いですが、
しっかりと治療をしないと合併症を引き起こしてしまう可能性が
あるので注意が必要です。

 

生まれてくる赤ちゃんにも後遺症を残してしまう
ことにもなりかねません。

 

妊娠糖尿病の治療法は医師の指示に従いながら
適切に治療をすることで安全・安心な出産に臨みましょうね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top