Blog

妊娠糖尿病,自覚症状
妊娠をする前には糖尿病とは全く無縁だった方が
妊娠してから尿糖の値や血糖値が高くなることを
妊娠糖尿病と言います。

最近は、妊娠糖尿病も増加傾向にあると言われ
10人に1人というデータもあるほどです。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病で奇形児も

妊娠糖尿病,奇形児

妊娠糖尿病の原因として、妊娠するとホルモンの関係で
インスリンの分泌が阻害されることにより血糖値が
下がりにくくなる状態になることがあるためです。

この症状は妊娠中だけに起こることで、出産すると
元に戻ることが多いのですが、症状が重篤になると
かなり危険な病気です。

放置していると羊水過多になったり、胎児が巨大になって
経膣分娩ができなくなる可能性もあるのです。

妊婦さんだけでなく胎児の発育にも悪影響を与え
奇形や障害が出たりすることもありえるので
発見され次第の治療は必須となりますね。

妊娠糖尿病は家族に糖尿病の方がいる場合や
高齢出産の妊婦さんに比較的多く出る傾向にあり
晩婚化や出産の高齢化が進む現代で急増している
原因のひとつなのかもしれません。

妊娠糖尿病の自覚症状

妊娠糖尿病,自覚症状
この妊娠糖尿病は、実は自覚症状はほとんどありません。

のどが渇きやすかったり、頻尿になったりするのですが、
これは「妊娠後期でお腹が大きくなったため」なのだと
勘違いしてしまう妊婦さんがほとんどです。

ほとんどの方は妊娠後期の検査で尿糖の値が高いことを
指摘され、そこで始めて妊娠糖尿病が発覚するのです。

軽い場合は糖分を控えてバランスの良い食事をこころがける
などの食事療法で対処できますが、重い場合は入院して
インスリン投与を続けることになる場合もあります。

症状が重篤化する前に発見・治療することで安全に
出産したいものですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top