Blog

カーボカウント,やり方,インスリン効果値
「いただきま~す」

インスリンカーボ比は見つかったんですね?

これで食品に含まれる炭水化物の量に対応する
インスリン単位数がわかったのですから早速
食事にしましょう。

ちょっと待った!!

スポンサーリンク

インスリンカーボ比って食べようとする食品に対応した
インスリン単位数だけなんですよね。

もし、食前の血糖値が200mg/dLだとしたら・・・。
食事に対応するインスリンだけでは食後の血糖値は
200mg/dLに戻るだけじゃありませんか。

100~130mg/dL位には下げたかったですよね。

食前の高血糖も下げたい・・・

食前,高血糖
測定した血糖値が高かったらどうしますか?
インスリン注射を打ちますね(補正インスリン)。

何単位の注射をすれば血糖値をどれだけ下げられるのか?
それを把握するのが『インスリン効果値』です。

『インスリン効果値』とは超速効型インスリン 1 単位で
低下する血糖値の事なんです。

たとえば、『インスリン効果値40』だとすれば
1 単位の超速効型インスリンの投与で約3~4時間後に
血糖値が40mg/dL低下するだろうとなります。

『インスリン効果値40』の人の血糖値が200mg/dL
だとすれば2単位のインスリンで120mg/dLに下がるはず。

ということは??

食前の血糖値が200mg/dLだったら・・・
食品に対応するインスリン単位数プラス2単位で
食後の血糖値は120mg/dLになるということですね。

インスリン効果値の見つけ方

インスリン効果値,見つけ方
①1500/1800ルール

1日に打つインスリンの総単位数を計算します。

たとえば・・・
朝食時:超速効型インスリン10単位
昼食時:超速効型インスリン12単位
夕食時:超速効型インスリン15単位
眠前:持効型インスリン10単位

合計で47単位になりますね。
1500または1800をこの47単位で割り算します。
理屈抜きで1500または1800を割って下さい。

1800は超速効型インスリンを使っている人。
1500は速効型インスリンを使っている人。

ここでは超速効型インスリンで計算しましょう。

1800÷47単位≒38.29

インスリン1単位で約38mg/dLの血糖値を
下げることが出来ます。

でも、インスリンカーボ比の450/500ルールも同じですが
この方法は暫定的な目安にしかすぎません。

②地道に検証を繰り返す
1500/1800ルールで計算されたインスリン単位数から
スタートして血糖測定の結果からインスリン単位数を増減する。
↓↓
目標の血糖値になるまで繰り返し検証することで
自分のインスリン効果値を見つける!!

やっぱりこれが一番ですね。

ところで、大切な数値がまだ決まってなかったんです。

それは・・・
>>>カーボカウントのやり方⑦目標血糖値の設定

>>>ひろのカーボカウントのやり方 ~目次~ はコチラ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top