Blog

小倉智昭,糖尿病
小倉智昭さんの糖尿病歴は30年になるだそうですが
インスリン注射歴は20年。

つまり【A1Cマスターひろ】と小倉智昭さんのIDDM歴は
同じくらいなんですね。

糖尿病の有名人の中には節制することができなくて
合併症を発症する方が多いのですが、小倉智昭さんは
とっても厳しく糖尿病と向き合っているようです。

小倉智昭さんの30年書き続けている『糖尿病ノート』も
有名でしたね。

そう言えばフジTV「とくダネ!」でも小倉智昭さんは
「健康には、人一倍気を遣っています。」
と語っていました。

スポンサーリンク

小倉智昭さんの糖尿病ノート

糖尿病ノート
血糖値を自己測定している糖尿病患者さんは
病院で渡される『自己管理ノート』に血糖値を
記録している方が多いはずです。

 

でも、何を食べたら血糖値がどうなったかまでは
記録している糖尿病患者は多くはないと思います。
あの、『自己管理ノート』じゃ記入できませんけどね・・・

 

ところが小倉智昭さんは30年間にわたって
食べた物と血糖値の記録をノートに書き続けて
いるというのです。

 

ここまで、記録をキチンと取り続けていれば
小倉智昭さんは「何を食べるとどのくらい血糖値が
上昇するか、インスリンは何単位打てば良いか」
かなり正確に判断できるでしょうね。

 

これって、IDDM患者にとっては『宝物』といえます。
糖尿病ノートそのものよりも30年も記録し続けることで
記憶していることも多くなるからです。

 

だって、目の前の食べ物を見ただけで必要な
インスリン単位数が判断できるんですよ・・・

 

もちろん、過去の記録の全てが現在でも通用するとは
思いませんが、”だいたい”の検討はつきます。

この”だいたい”という感覚はとっても大事ですよね。

ひろはこんな感じでインスリンを打ちます。
↓↓↓↓↓
>>K(経験)K(勘)D(度胸)D(どんぶり勘定)でA1c6%台

TVキャスターと糖尿病

TVキャスター,糖尿病
小倉智昭さんはテレビの司会者には糖尿病の方が
多いというような主旨のことをおっしゃっていました。

そういえば、みのもんたさんや久米宏さんらも
糖尿病だったような・・・

糖尿病とストレスの関係は衆知の事実ですが
小倉智昭さんは達のような人気キャスターの
ストレスは相当なものかも知れませんね。

でも、世の中にはストレスを受けながら
頑張っている人はたくさんいます。

テレビのキャスターさんだけが特別なストレスを
受けているから糖尿病患者が多いというのは
甘いんじゃないの・・・小倉智昭さん
>>>こんな有名人も糖尿病!?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top