Blog

tikensa3
脳梗塞で磯野貴理子さんが緊急入院したことが
話題になっていましたね。

IDDM歴22年の【A1Cマスターひろ】にとっては
”血管”についての話題はとっても気になります。

報道では磯野貴理子さんが糖尿病かどうかは
わかりませんが、脳梗塞と糖尿病には深い
関係があるのです。

スポンサーリンク

脳梗塞は糖尿病の第四の合併症

isyab_s
糖尿病の三大合併症(網膜症、腎症、神経障害)は
ご存知の方も多いと思います。

ところが、最近は4つ目の合併症に注目が集まっています。

それが”脳梗塞”なんです。

糖尿病と脳梗塞について厚労省が実施した気になる調査が
発表されましたが、それによると・・・

糖尿病患者の脳梗塞発症リスクは健常者に比べると

男性で約2倍
女性で約3倍

ただし、同じ脳卒中の仲間の脳内出血やくも膜下出血には
糖尿病との関連は見られなかったのです。

まさに脳梗塞の狙い撃ちですね。

このブログでも糖尿病は”血管ズタボロ病”と
命名した【A1Cマスターひろ】にとっては
それほど驚くことでもないのですが・・・。

糖尿病患者が脳梗塞を予防するには

kakure1
なんといっても血糖値を良好にコントロールするのが
一番なんですね。

当たり前過ぎてWWですが・・・これしかないのです。

もうひとつ予防法がありました!!

糖尿病の方も糖尿病でない磯野貴理子さんのような方も
共通するのですが”一過性脳虚血発作”と呼ばれる
脳梗塞発症の前兆となる症状を早く発見することです。

一過性脳虚血発作は「この後に本格的な脳梗塞がくるぞ」と
教えてくれているのです。

その症状とは・・・
●『失語症』言葉が出なくなる
●『言語障害』ろれつが回らなくなる
●『運動障害』顔半分の麻痺やしびれ
●『感覚障害』片方の手足に力が入らない
●『一過性黒内障』片方の目が見えない・・・などなど

一過性脳虚血発作は一般には数分で回復しますが
この時点で48時間以内に治療を開始すれば
本格的な脳梗塞を高い確率で予防することが
できるというのです。

しかし、磯野貴理子さんのご主人のように異変に気付き
病院へ連絡してくれるような優しい方が近くにいれば
よいのですが・・・

数分で消えてしまうような”一過性脳虚血発作”で
即、病院というのは難しいかもしれませんね。

普段の生活で続けたい脳梗塞予防法

Mugai3
脳梗塞の予防としては血液をサラサラにする食品を
多く食べるようにすることや適度な運動を続けることも
将来のために有効でしょう。

でもでも、今すぐにでも始めたい効果大の予防法は・・・

『お水を飲みましょう!!』

磯野貴理子さん!!水分補給は大切ですよ。

水分補給が不足すると血流が悪くなってしまいます。
夜寝る前、朝起きた時に軽く水分補給をしましょうね。

くれぐれも夜中のトイレがイヤだからって水分の補給を
制限するなんてことがありませんように。

もちろん、心臓病や腎臓病などの持病によっては
水分補給と言ってもきちんと主治医に相談して下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top