Blog

tyusy9
【A1Cマスターひろ】にとって、糖尿病の薬はインスリンしかありません。
それも注射を使って、毎日・・・・・・

IDDM歴も22年になってしまいましたがこの間に
自分の体へ何回の針を刺したことでしょう。

1日にインスリン注射が4~5回、血糖測定が4~5回

1日10回X365日X22年

げぇ!! 8万回突破・・・

この糖尿病の薬のおかげで健康な人と変わりない生活が
送れているので仕方がないですね。

でも、いつでも思うことがあります。

それは、
「針を使わずに血糖値測定ができたら・・・」
「注射器を使わずにインスリンが・・・」

スポンサーリンク

吸入インスリン療法

jike6
糖尿病の薬として注射器を使わないインスリンの摂取法として、吸入型や経口型が
世界中で盛んに研究されています。

インスリンに変わる糖尿病の新薬開発と言うよりも、注射を使わないインスリン摂取法の
開発の方がより現実的で期待しているのですが・・・

吸入インスリンは注射器を使わない糖尿病の薬摂取方法として数年前に
アメリカで承認され実際に商品化されましたが、実際に使うには多くの障害があり
現在では販売中止になったままでした。

ところが、新型の吸入型のインスリンがアメリカで
承認されたというのです。

欠点だった使い勝手が大幅に改良されコンパクトで
携帯にも便利となれば期待してしまいますね。

ただし、肺に疾患がある場合やタバコを吸っている期間が長い【ひろ】は
NGのようなので・・・残念!

せっかくの糖尿病の薬や、注射に変わるインスリン摂取法が開発されても
使えないのでは困ったものです。

経口インスリン療法

Mjikke9
あきらめるにはまだ早い!
吸入型がNGなら経口型はどうなの?

経口インスリンも頑張って開発中なんです。

あのノボ・ノルディスク社では2兆ドルの開発費を投じて
臨床実験の段階までたどりついたというニュースもありましたが
こんなに巨額を使っても回収できるということか・・・。

糖尿病の薬の市場ってスゴイですね。

日本でも、神戸学院大学でインスリンを飲み薬にできる技術を
開発したという報告があります。

マウスによる実験では血糖値が下がる効果が確認されていますが
まだまだ、インスリン注射に比べ効果は20%程度とのことですから
さらなる改良を期待します。

【A1Cマスターひろ】は・・・

a1chiro2
インスリンが飲み薬でOKなんてことになったら・・・
そして、血糖値測定も針がいらなくなれば・・・

想像するだけでもワクワクしてしまいますね。

【A1Cマスターひろ】の針刺し回数が10万回になる前に
実用化して欲しいよぉ~

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top