Blog

a_kusuri0
糖尿病の薬にも少なからず副作用があります。
すぐに思いつくのは『低血糖』ですね。

自分が使う薬の副作用についてはどのようなものがあるのか
知っておく必要があるでしょう。

ところで、「糖尿病の薬ってたくさんあって複雑だなあ」と
思いませんか?とくに飲み薬は複雑そうですね・・・。

スポンサーリンク

ナゼ、糖尿病の薬はたくさんあるのか

kusur6_s
一概に糖尿病の薬といっても”いろいろな種類”があり、ちょっと
分かりづらいかも知れません。

糖尿病の飲み薬について簡単に整理してみましょう。

なぜ、いろいろな種類があるのでしょうか?
血糖値が高くなる原因がいくつかあるため、それぞれに対応した
薬が開発されているのです。

【血糖値が高くなる原因】
●インスリンの分泌量が少ない
●インスリンの効きが悪い
●肝臓から余分に血糖が供給されてしまう
●ホルモンの作用で血糖が高くなる

ひとつの飲み薬で、これらの原因すべてに対応できる薬は
残念ながら存在しません。

その結果、たくさんの薬があるんですね。

糖尿病の薬の種類と特徴についてはコチラをどうぞ
>>>糖尿病の薬ってどうなの?種類と特徴

薬の種類と副作用

isiisya
ほとんどの薬では、服用してすぐに重い副作用がでるなんてことは
ないでしょうが、薬を飲んだ後にいつもとちがう症状がある場合には
すぐに医師に相談しましょう。

使われる薬 副作用
スルホルニ尿素類 低血糖・肥満・動脈硬化すい臓の疲弊(二次無効)
ビグアナイド薬 食欲不振・吐き気・下痢・倦怠感
α-グルコシダーゼ薬 お腹の張り・おなら・下痢・低血糖
インスリン分泌促進薬 胃腸・肝臓の機能低下・低血糖
DPP-4阻害薬 他の薬と併用時の低血糖
  インスリン抵抗性改善薬   肝機能障害・骨粗しょう症・むくみ・肥満・心不全
インスリン 低血糖 

※病状によっては複数の薬を併用する場合もある。

【A1Cマスターひろ】は・・・

a1chiro2
1型糖尿病ですので、飲み薬に興味はありませんが、
インスリン療法と飲み薬の併用ということもありますので
知識としては知っておこうと思っています。

インスリンとDPP-4阻害薬の併用がヘモグロビンA1cの改善に
効果があるらしいという報告もありますので・・・

>>糖尿病の薬ってどうなの?①種類と特徴
>>糖尿病の薬ってどうなの?③糖尿病の新薬
>>糖尿病の薬ってどうなの?④もうひとつの新薬

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top