Blog

7naya1_s
糖尿病性腎症の進行はなんとしても防ぎたいですね。
でも、初期には自覚できる症状がほとんどありません。

検査で見つけるしかないのです。

その検査とは・・・『微量アルブミン尿検査』
尿にたんぱく質の一種”アルブミン”が検出されるかどうかで
糖尿病性腎症を調べようというものです。

「私は大丈夫かな?」と悩んでいるアナタ!!

普通の尿検査と変わらず、簡単に調べることができますので
定期的に検査を受けるようにしましょうね。

スポンサーリンク

糖尿病性腎症をセルフチェック

MPm8
糖尿病性腎症には初期症状がありませんが、進行すると
次のような自覚症状が現れます。
●むくみ
●血圧の上昇
●疲れやすい、だるい
●顔色が悪くなってきた
●手や足にしびれがある

こうした症状が自覚できるようになるということは
腎症がかなり進んでいる場合が多く、できるだけ早く
主治医に診てもらってくださいね。

糖尿病性腎症の進行を防ぐ3つのポイント

糖尿病性腎症が早期発見されたら、それ以上の進行を防がなければ
なりません・・・絶対に!

【ポイント① 血糖コントロール】
sts_S
糖尿病が原因ですので、血糖コントロールは”必須”です。

糖尿病学会の指標では糖尿病合併症を防ぐにはHbA1c7%以下
としていますが、早期とはいえ糖尿病性腎症が確認されれば
HbA1cはもっと厳格に6,5%以下が目標となります。

【ポイント② 血圧管理】
ketuat2
毛細血管がたくさん集まっている腎臓にとって血圧の上昇は
とっても強いダメージを受けてしまいます。

血液をろ過する役目を持つ毛細血管のフィルターが傷んでしまえば
機械を使って血液をきれいにする必要が出てきます。

そうです、人工透析なんですね。

【ポイント③ 食事療法】
sapuri10
やっぱり塩分の摂取は控えなければなりません。
薄味の食事になりますが、減塩調味料や香辛料の使い方などを
工夫してみましょう。

もう少し病期が進行すると、今度はタンパク制限が必要に
なってきます。

食事制限は医師や栄養士の指導のもと行ってくださいね。
自己流なんて恐ろしいことは絶対にNGですから・・・。

【A1Cマスターひろ】は・・・

a1chiro2
もちろん、アルブミン尿検査は定期的に受けています。

今のところ、糖尿病性腎症の心配はなさそうですが
”薄味は苦手”の【A1Cマスターひろ】なので
減塩食はつらいかもしれませんね。

そうだ、宅配の減塩食セットがあった!
食べたことはないけれど、美味そうにみえるんだが・・・。

糖尿病性腎症だけでなく、糖尿病患者にとって自覚症状は
黄色信号ではなく、信号と思っています。
自覚症状が出る前に検査、検査定期的な検査!

『糖尿病は検査の病期』です。

>>糖尿病腎症は病期によって生活指導が変わってくる

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top