Blog

asi2_l
糖尿病による合併症のひとつに神経障害からくる
足病変があります。

足って、なかなか目に触れにくいので足病変の
初期症状も見落としがちになるものです。

毎日の生活の中で、次の点に注意してみましょう。

スポンサーリンク

【足病変予防のための6つの日常生活チェックポイント】

将来、足を切断なんて事にならないためにも・・・

ポイント① 足に合った靴選び

kutu7
これって意外と重要なんですね。靴が合っていないと
ウオノメ、タコ等ができやすくなりますから・・・

ウオノメやタコが原因で壊疽まで進行してしまう例は
決して珍しくないそうです。

ひろの通う病院にはシューフィッターがいるので
チェックしてもらっています。

ポイント② やけどに注意

MP22
やけどといっても注意するのは『低温やけど』です。

糖尿病患者は痛みや熱さに鈍感になっている場合が
あります。

こたつや湯たんぽには注意しましょうね。

ポイント③ ケガに注意

kyukyue_s
大きなケガなら別ですが、小さなキズは気づきにくいもの。

糖尿病患者は化膿しやすいのいで早めに処置を、そして
状況によっては主治医に相談すべきです。

ポイント④ 靴下は必需品

kutusitb_s
理由はケガ防止!!
できるだけハダシで革靴なんて、あの芸能人みたいなことは
やめましょう。

あたりまえですが、毎日履き替えましょうね。

ポイント⑤ 禁煙

tabakko1
またまた出ました『禁煙』!!
タバコは血管を収縮させますので、ただでさえ血流障害が
起こりやすい足にとってはNGなんです。

足病変の予防のためということよりもタバコは
やめた方が賢明のようです。

ちなみに、ひろは禁煙1ヶ月が経ちました。
そうです、インスリン治療を始めて二十数年間も
吸い続けていました・・・他人様に偉そうに禁煙すべきなんて

ポイント⑥ 定期健診

syjif_s
そして何といっても『定期的な検診』が絶対に必要です。

ひろの通う病院では、年2回医師が徹底的に足を触診しながら
チェックしてくれます。

【A1Cマスターひろ】は・・・

a1chiro2
ひろがとっても心配なのが定期健診なんです。
過去に、何度も転院したのですが足の触診まで定期的に
実施してくれる病院は少ないようです。

ちょっとした足病変から始まって、残念なことにならないためにも
足のチェックは続けましょうね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top