Blog

kareda2
禁煙を宣言してから2週間目になりました。
この程度の禁煙なら何回も経験しているのですが
ここからが問題・・・

禁煙の挑戦回数が1回増えただけで終わるのか
本当にタバコをやめられるのか・・・

正念場を迎える1型糖尿病患者A1Cマスターひろなのです。

スポンサーリンク

糖尿病患者が禁煙するメリット

taba1
タバコを吸うことが健康に良くないのは百も承知。

ただでさえ血管のダメージに要注意な糖尿病患者が
タバコを吸い続けるなんて「とんでもない!!!!」

禁煙のメリットは健康に多大な影響があるはずです。
血糖コントロールや合併症の予防にも良い影響があるはずです。

でもでも、なかなかやめられない。
もしかしたら、『健康』というキーワードだけではタバコは
やめられない・・・【A1Cマスターひろ】はそう思うのです。

そこで健康以外に、もうひとつのメリットを考えてみました。

とってもリアルに『コスト』です。

タバコにかかるコストは?

tabak5
【A1Cマスターひろ】は1日にひと箱とちょっと、月間で
40箱くらいのタバコを吸っていました。

420円×40箱=16,800円

毎月の診療費に匹敵するではないか。

    浮いたお金でライザップに入会して、
    醜くたるんできたお腹は腹筋が割れ、
    家族からは『ステキなパパ』と尊敬され、
    会社では『ナイスミドル』と注目の的に、
        なんとポジティブな想像・・・・・・・・・・

でもでも、タバコを吸うコストってこれだけじゃないんですね。

タバコを吸わなくても支払う社会的コスト

satu043
こんな試算もあったんです。

●タバコによる医療費 1兆7,681億円
●タバコが原因の消防費用 1,879億円
●タバコを吸うための施設の清掃費用 39億円
●タバコによる病気の労働力損失 2兆3,664億円
(日本公衆衛生学会総会 2010.10.29より)

・・・・・・合計 なんと 4兆円突破!!

1年間で赤ちゃんも含めて国民一人当たり
40,000円の出費をしているそうです。

世のため、人のため、『禁煙』続けるぞ!!

【A1Cマスターひろ】は・・・

m,hiro
今のところ『禁煙』は続いています。
世のため、人のためなんていう立派な志は無理としても
自分や家族のためにも続ける覚悟です・・・今は

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top