Blog

bfisya_s
厚労省から『2013年人口動態統計』が発表されたので
死因別死亡者数をチェックしてみました。

第1位の疾患はやっぱり”がん”でしたね。
毎回、上位に来る死亡原因はお馴染みの病気のようですが・・・

でも、ホントに”がん”が1位でいいの???

スポンサーリンク

糖尿病が原因で死亡する人は少数!

sibori7
『2013年人口動態統計』から、日本人の死因を上位から順に見ると

第1位 : が ん   364,721人 (28.8%)
第2位 : 心疾患   196,547人 (15.5%)
第3位 : 肺 炎   122,880人 ( 9.7%)
第4位 : 脳血管疾患 118,286人 ( 9.3%)

2013年には、日本人の3.5人に1人は”がん”で亡くなっていました。

最近、急激な増加が問題になっている”糖尿病”はどうでしょう?
同じ厚労省の調査では、糖尿病が原因の死亡数は13,783人(1%)。

そうです!!糖尿病による死亡者はとっても少ないのです。
「糖尿病って、思っていたほど怖くないじゃん・・・」

合併症による死亡者は”どんだけぇ~”

ti2
問題なのは第2位の心疾患や第4位の脳血管疾患は血管の病気だということです。

【A1Cマスターひろ】は糖尿病を『血管ズタボロ病』と呼んでいますが
心筋梗塞、脳梗塞などの心疾患や脳血管疾患のような病気は糖尿病に
高いリスクがあるといえます。

”がん”でさえも糖尿病患者の免疫力低下を考えれば無関係とは
言いきれませんね。

三大合併症のひとつの腎症も死亡者数は少なくありません。

糖尿病の合併症が原因と考えられる死亡者数を糖尿病による
死亡原因と合計すると・・・ワォ!!

厚労省の『人口動態統計』には現れてこないトリックが
あるように思えてきました。

それは、

   裏の死亡原因第1位は『糖尿病』ということ・・・。

【A1Cマスターひろ】は・・・

m,hiro
明確な死亡原因の定義付けって難しいと思いませんか?

糖尿病が原因の死亡者数が多い・少ないということよりも
糖尿病の合併症による死亡リスクがとっても高いものだ
ということが問題なんですね。

糖尿病が全身を網羅する血液と血管の病気ということは
どんな病気に関連しても不思議はありません。

そんな警鐘は 厚労省の『人口動態統計』からは
伝わってきませんが・・・

糖尿病が原因による死亡者数が一番多い都道府県はどこ?
>>>それはココ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top