Blog

【A1Cマスターひろ】は、20年間に3回病院を変えてしまいました。
そして、現在の主治医は4人目。

20年で4人と言っても、最初の2年間に3人
つまり、今の主治医とは18年近いお付き合いです。
それって、どういうこと・・・
5a5.png

スポンサーリンク


引越しなどで、仕方なく近くの病院を変えたわけではありません。
現在の病院には、片道2時間以上もかけて毎月通っています。

近所にはたくさんの病院があるのに・・・(交通費は痛いけど)
最初の3つの病院は、名前を聞けば誰でも知っているような
超有名な大病院でした・・・

インスリン治療を宣告された頃は立派な病院の先生に診てもらえれば
治るかもしれない・・・そんな思いが心のどこかにあったのでしょう。

でも、インスリン治療は一生にわたって上手に付き合っていくものだ
ということが分かってくると、どうしても納得いかないことが・・・・・・

目の前で診察している医師は病気は診ていても
患者を診ていない・・・そんなストレスが募ってくると
医師と言い争いになってしまうのです。

「治療するために生きているんじゃない!
生きていくために治療があるんだ!」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top