Blog

糖尿病発見
多くの方が健康診断の必要性は理解しているはずです。

会社で受けさせられる健康診断なら諦めもつきますが
何の自覚症状もなければ「面倒だなぁ」というのが
本音かもしれませんね。

2014年の4月から糖尿病の発見につながる採血検査が
薬局やドラッグストアでもできるようになりました。

買い物や散歩のついでに血糖測定・・・♪

これなら検査してみようかなって気になりそうですね。

健康診断で糖尿病発見?

健康診断
糖尿病の診断基準を大雑把に分類すると3つあります。

①、空腹時は正常でも食後の高血糖がなかなか下がらない
②、いつも血糖値が高い
③、ヘモグロビンA1cが高い

ここで問題なのが①と②です。
なぜなら健康診断では発見できない場合があるからです。

 

通常、健康診断の日は朝食抜きですよね。
血糖値の測定は空腹時の血糖値だけなんです。
食後にどれだけ血糖上昇するかが重要なのに・・・
これが『隠れ糖尿病』で、問題になっていますよね。

②の『いつも血糖値が高い』ということは健康診断時の測定だけで
判断は無理だと思いませんか。複数回の血糖値測定が必要です。
(1度の測定でも異常値の場合は別ですが・・・)

異常値でなければ、1回血糖値を測定しただけでは何もわかりません。

1回の採血でわかるには

採血
ここで登場するのが、『ヘモグロビンA1c』!!!

ヘモグロビンA1cは1回の採血で過去1~2ヶ月の血糖の状態を教えてくれます。
検査前に朝食を抜いたくらいでは結果に影響がありません。

 

2010年に日本糖尿病学会が糖尿病診断基準にヘモグロビンA1cを採用して以来
健康診断でもヘモグロビンA1cの検査が行われるようになってきました。

残念ながら【A1Cマスターひろ】の会社で実施する健康診断では
採用されていないのですが・・・

 

ところが、今回は薬局やドラッグストアで手軽に『ヘモグロビンA1c』を
測定できるようになったのです。

薬局

【A1Cマスターひろ】は・・・

ひろ
これって本当にスゴイことなんです。

【A1Cマスターひろ】が病院に通う目的は
極端に言ってしまうとインスリンをもらうことと
ヘモグロビンA1cの数値を知りたいから・・・

【A1Cマスターひろ】は毎月、毎月、同じ処方で薬をもらっています。
調剤薬局でヘモグロビンA1cの検査もできるなら病院が要らないかも。

おっと、薬をもらうこと、検査の数値を知ること、以外にも
病院に行く意義はあった・・・かもしれませんね??

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top