Blog

egaos
笑いが体に良い・・・漠然とですが、なんとなくわかるような気がしますね。
最近ではマスコミでも笑いで健康になれるという話題が取り上げられるように
なりました。
 

スポンサーリンク

 
でもでも、笑って健康って本当なの? 科学的な根拠なんてあるの?

あったんです。

血糖値が下がったというだけでなく様々な良い影響があるというのです。

報告された笑いの効果

a8doct5_m
●血糖値
2003年に行われた筑波大学での『笑いと血糖値』の調査は有名ですね。

20人の糖尿病患者に食後すぐに40分間の『まじめな講義』を聞いた後と
40分間の漫才(B&B)を鑑賞した後の血糖値を測定すると、後者の方が大幅に
血糖値の上昇が抑えられたのです。
 
●血圧
血圧を上昇させるノルアドレナリンの放出が抑制された。
 
●リウマチ
日本医科大学では関節リウマチの患者に林家木久蔵さんの落語を聞いてもらい
その前後で痛みの程度、ホルモン、免疫機能等の変化を測る実験を実施した。
その結果、あきらかに改善することを確認した。。
 
●アトピー
守口敬任会病院の木俣肇アレルギー科部長はアトピー性皮膚炎の患者に
天気予報を見せた後とコメディを見せた後のアレルギー反応を比較調査した。
その結果、後者の方があきらかにアレルギー反応が減少していた。
 
●ストレス
大阪府立健康科学センターでは落語を聞く前と聞いた後での人の唾液中の
ストレスホルモンの変化を調査。
あきらかにストレスホルモンの減少が確認された。
 
●脳の活性化
中央群馬脳神経外科病院では落語の鑑賞前後の脳の血流量を調べるという
実験が行われた。
実験の結果は6割以上の患者の血流量が増加した。

【A1Cマスターひろ】は・・・

m,hiro
これだけ、病気が改善したという研究発表があると笑わずにはいられませんね。
 
ちなみに、マウスを使った研究も実施されているそうです。
んっ??
マウスが笑ったかどうかなんて何故わかるの?
 
研究者によると、マウスのお腹あたりをコチョコチョとくすぐると気持よさそうな
表情をするとか・・・

なんとなく笑っちゃますね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top