Blog

妊娠糖尿病が増加しているという記事を以前に
書いたのですが、その数は10人に1人だそうです。

妊娠糖尿病の判断基準が変更になったためとも言われていますが
通常の糖尿病のように増加傾向にあることは間違いありません。

MPue3.jpg

妊娠期間中に乱れてしまった血糖値コントロールを
放置しておくのは生まれてくる赤ちゃんはもちろんのこと
母体にも 良いことはありませんよね。

治療法の基本は食事療法ですが、症状によっては
インスリン治療が必要な場合も・・・

スポンサーリンク

妊娠糖尿病とその治療法

インスリンはご存知のように血糖値の上昇を防ぎます。
ところが妊娠中は、そのインスリンが効きづらくなってしまう
ホルモンが分泌されるため、血糖値が上がりやすくなります。

妊娠をする前の血糖値には全く問題がなかったはずなのに
妊娠中期頃になって急に血糖値が高くなってしまうことを
妊娠糖尿病といいます。

MP900422801

妊娠糖尿病は、症状が軽い場合はほとんどの方は出産後に
血糖値が正常に戻って自然に回復することが多いですが
そうではない場合には治療が必要となります。

その治療法は大きく分けて三種類あります。
妊娠糖尿病に限ったことではなく糖尿病治療の基本ですね。
・低カロリーの食事を一日に6回ほどに分けて食べる食事療法。
・血糖値の上昇をおさえるためにインスリンを使った薬物療法。
・ウォーキングやマタニティヨガなど、体重と体調を管理する
ための運動療法です。

いずれの方法も、栄養不足や高血圧などの合併症が起こる
可能性を考えて、医師と相談した上で慎重に行う必要があります。

妊娠糖尿病を放っておくと

妊娠糖尿病は、治療をせずに放置しておくと母体はもちろん
胎児にも悪影響を及ぼします。

胎児に及ぼす悪影響として巨大児になったり発達遅延を
引き起こしたりする可能性があるのです。

重症化しないうちに適切な治療法で完治させ、健康で安心できる状態で
出産にのぞみましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top