Blog

2年近く安定していたHbA1cが7%台に乗ってしまいました。
1か月ぶりの診察に行ってきたのですが、なんとHbA1cが上昇!!
理由はわからないのですが、予想はしていました。
急にHbA1cが上昇するには訳があったのです。
そして主治医には伝えていない変更をしてしまいました・・・
普段はやさしい主治医も今回はちょっとオカンムリの様子でした。
b-9.jpg

スポンサーリンク

インスリン注射の時間を変更

MPpe8.jpg
みなさんは超持続型インスリン(ひろはランタスを使用)を
何時、注射しますか。
【A1Cマスターひろ】は朝1回の注射を何年も続けてきました。
就寝前には打ちませんでした。
理由はわかりませんが、それで朝の血糖値が安定していたのです。
それまでは、就寝前に打っていたのですが、夜中や早朝の低血糖に
しばしば悩まされていました。
ところが、最近になって朝の血糖値が高くなってきたのです。
それも、朝食前に200を超えることも・・・
恐らく、この期間の血糖が高い状態が今回のHbA1c7%台という
結果になってしまったと思っています。
そこで、【A1Cマスターひろ】はランタスを以前は低血糖に悩まされた
就寝前に打つことに変更したのです。
ただし、何単位打てばよいのかはわかりません。
【A1Cマスターひろ】は仕事の日と休日でランタスの単位数を変更していました。
でも、これは朝にランタスを打つ時の単位数であって、就寝前の単位数も同じ
かどうかは??です。
これから今まで以上に血糖測定を増やして探っていこうと思います。
ちなみにランタスは24時間持続するとのことでしたが
どうも【A1Cマスターひろ】には24時間もたないようです。
そして今回は主治医に相談せずにランタスを打つ時間を変更してしまいました。
先生、ゴメンナサイ・・・
【a1cマスターひろ】は医師ではありません。糖尿病のインスリン治療を続ける患者として主治医と確認の上治療を続けています。安易な自己判断でマネすることなく主治医の指導にしたがってくださいね。 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top