Blog

数年前に話題になりましたね。
『アーモンドが血糖値上昇を抑える』
実は、【ひろ】も試したことがあるんです。
アーモンド

スポンサーリンク

アーモンドと食後の血糖値の上昇

アーモンド,血糖値
アーモンドは食後の血糖値の上昇を抑え、血清インスリン濃度を下げて、
体の酸化ダメージを軽減することができると話題になりました。

その理由として、アーモンドにはインスリンの生成に欠かせない亜鉛や、
インスリンの働きを高めるマグネシウムが含まれていて、糖尿病予防の
効果が期待できるとのこと・・・。

また、うれしいことにアーモンドの多く含まれるオレイン酸は不飽和脂肪酸で、
体内で酸化しにくい上に善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを
抑制して、血液をサラサラにすると言われています。
このため心臓病の予防に非常に効果的なのだそうです。

血液どろどろ、そして毎月の血液検査で指摘されてしまっているのですが
「善玉が少なくて、悪玉が多いね」とされるコレステロール値が改善できる?
【ひろ】にとっては最適なんじゃないかと思ったんです。

アーモンドを食前に

アーモンド,食前

アーモンドは血糖値の上昇を抑え善玉・悪玉コレステロール値を
改善するだけではありません。

アーモンドのビタミンEは抗酸化作用が強いので、脳や体の細胞の
老化予防(アンチエイジング)になります。
糖尿病予防を考えるときには、アーモンドを食前に食べますが
アーモンド自体の食べ過ぎには気をつけましょう。

食べる量としては手のひら1杯分・約20粒を1日1回食べると
悪玉コレステロールが下がり、さらに食後の血糖値の変化幅を
少なくしてくれるというのです。

これなら糖尿病の予防になるかもと思いますね。

さらに、よく噛むことで満腹感が増加し、安静時の消費エネルギーが
増加するのでダイエットにもなるはずです。

【A1Cマスターひろ】は・・・

ひろ
うわぁ~良いことばっかりじゃん!!!
さっそく、毎日アーモンドを食べ始めました。
でもでも、今は食べていません。

その理由は
3ヶ月続けたのですが、効果が感じられなかったからです。
食後の血糖値もあまり変化なし。
1型糖尿病には関係のない事だったのか??

もう一つの理由
下痢をするようになりまして・・・
おかげさまで多少ダイエットにはなったようです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top