Blog

カテキンの効能はさまざまな病気に効果があると言われますね。
糖尿病にも効果があるということが時々マスコミでも取り上げられます。
境界型糖尿病の方は知っておいた方が良いかも・・・
a1y83.jpg

スポンサーリンク

糖尿病は予防が大切

2MPpd.jpg
生活習慣病と呼ばれる病気は色々ありますが、その中の一つとして糖尿病が
存在しています。
糖尿病とは、血糖をコントロールするインスリンの量が不足してしまい、
血糖が高い状態になってしまう病気のことです。
そのような状態になると、様々な病気を併発してしまう可能性があり、
一度糖尿病になると治りにくくなってしまいます。
特別な痛みや症状がないことが多く、気付いた時には合併症がかなり進行して
いるということは稀な例ではありません。
失明や人工透析などの合併症がですよ・・・!
そうならない為にも、日頃から糖尿病予防をすることが大切になります。

緑茶に含まれるカテキン

MP9u7.jpg
お茶の効能は、古来から知られていました。
日本にも中国から入ってきたときには漢方薬として入ってきたのですが
その後、時代を経て、よりカテキンが含まれる緑茶となりました。
そのカテキンが糖尿病予防に効果がある成分として、最近注目を浴びているのです。

カテキンとは、飲み物の緑茶に多く含まれている成分の一つで、抗酸化作用があり免疫力を
高めたりがん予防などに効果があるといわれています。
そして、カテキンには糖尿病で問題となる血糖値を下げる効果も存在してるらしい・・・

数年前に、花王㈱と甲子園大学栄養学部助教授・山本國夫先生らとの共同研究で
高濃度茶カテキン飲料の長期摂取で、血糖値を下げることを確認したという臨床データが
発表されたことがありました。

それによるとHbA1cが0.4%下がったということです。
突っ込みどころがたくさんあるデータではあると思いますが・・・

このデータを素直に信じると、
カテキンを多く含まれている緑茶を毎日飲む事で糖尿病予防をする事ができます。
また、今ではカテキンが通常よりも多く含まれているお茶も存在しているので、
そのような物を取り入れることで、さらに糖尿病予防をする事が可能です。

糖尿病にならない為にも緑茶などを飲み、カテキンを毎日摂取する事が重要になります。
と、言うことになります。

やっぱり、『高濃度カテキン茶●●』の宣伝だったような気もするのですが・・・

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro1.png
高い抗酸化作用があるというカテキンを緑茶で摂取するということを
否定するつもりはありませんが、緑茶を飲んでカテキンの効果を得るには
1日15杯以上のお茶を飲まなければならないとも言われています。
う~ん、現実的ではないような・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top