Blog

kapuser2
このブログでも何度かサプリメントについて取り上げていますが
【A1Cマスターひろ】は否定的な考えを持っていました。

でも【A1Cマスターひろ】という糖尿病患者一人が体験できること
考えられることなどはたかがしれています。

そんな狭い範疇で「サプリメントは・・・」などと決めつけてはいけませんよね。
 

スポンサーリンク

 

サプリメントと医師の評価

MPdo3
以前、日本臨床内科医会が医師1,500人に実施したサプリメントについての
調査が発表されたことがあります。

それによると、6割近い医師が「診療にサプリメントを
取り入れるつもりはない」と 回答しています。

もっと多くの医師が否定的と思っていたんですが・・・意外です。

また、診療にサプリメントを取り入れる場合には
こんな条件が同時に挙げられていました。

  ①信頼できるエビデンス
  ②情報の充実
  ③適正と思われる価格
  ④メーカーの信頼性
  ⑤品質の良さ
     ・・・などなど

医師としては当然、気になるところでしょうね。

また、糖尿病ネットワークが糖尿病医療スタッフに行った調査では
糖尿病患者からサプリメントの相談を受けた際の指導は?
という質問に対し

 「絶対に摂取しないように指導する」1%
 「できるだけやめるように指導する」9%
否定派は、たったの10%ほどでした。

最も多かった回答は
 「糖尿病の治療内容や状態により判断する」70%
中には「積極的に勧める」1%という回答もあったのです。

サプリメントは意外と医師に敬遠されていないんですね。

サプリメントのメリットとデメリット

kime
引き続き、糖尿病ネットワークで実施された調査の中には
「サプリメントのメリット、デメリット」という項目があります。
医師を含む医療スタッフの方々はサプリメントをこのように
とらえているんですね。

●メリット
 「日常の健康意識向上に役立つ」45%
 「体調を良くしてくれる」23%
 「治療効果を補助している」12%
 「血糖コントロールを良くするものがある」7%

サプリメントそのものの効能だけでなく、糖尿病のように生涯に渡る
長い付き合いが必要な場合は「日常の健康意識向上に役立つ」という
精神的なメリットは大きいかもしれません。

実際に血糖コントロールが良くなったと実感している医療スタッフが
7%もいるという点もビックリです。

●デメリット
 「具体的な効果がよくわからない」33%
 「糖尿病患者さんが治療をやめてしまうことがある」29%
 「糖尿病の治療効果を悪化させるものがある」20%

2番目に多かった「糖尿病患者さんが治療をやめてしまうことがある」
という回答は、考え方によっては治療をやめてもよいほどにサプリメントが
効果的だったということにも・・・まさか??

【A1Cマスターひろ】は・・・

m,hiro

もちろん、私のようなIDDM歴20年の患者が飲んで治癒する
サプリメントなんて絶対にあり得ないとは思っています。

だからと言って、血糖値が高めという方すべてにサプリメントは
効果無しと決めつけたり、特異な例のリスクを大きく取り上げて
危険性だけを主張するような考え方は問題ありですね。

でもでも、糖尿病治療中の患者ならば主治医には必ず相談しましょうね。
「そんなこと言ったら叱られるに決まっているだから言えないよ!!」

そんな話もできないような主治医と患者の関係自体が
大問題だと思う【A1Cマスターひろ】でした。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top