Blog

【A1Cマスターひろ】の通う病院にはインスリン治療に
2通りの方針があります。
全てを指示するA医師と患者の自主性に任せるB医師。
senta.jpg
【A1Cマスターひろ】の主治医は後者のB医師ですが・・・ 

スポンサーリンク

全てを指示するA医師のインスリン治療

c2a_s.jpg
”すべて”というと語弊があるかもしれませんが
医師や栄養士の指示する【食事】と【インスリン単位数】を
守るという意味です。
高血糖時や低血糖時の追加インスリン単位数や補食の
ブドウ糖も血糖の”値”毎に指示されています。
インスリンの注射単位数や打つタイミングは医師が
決めてくれるのである意味”楽”かもしれません。
でもでも、【食事】と【インスリン単位数】を固定する
ということは生活自体は大きく制限されてしまいます。
常に医師と相談しながら医師が決定してくれる方法を
守るというのは”安全”で”楽”だとは思いますが
勤め人や窮屈な生活を我慢できない患者にはこの方法は
ちょっとキビしいかも・・・
もちろん、消毒なしの注射なんてNGです。

患者の自主性に任せるB医師

c6c4_s.jpg
【A1Cマスターひろ】の主治医です。
初めてインスリン治療を始めるという患者の場合は
別ですが基本的に指示はほとんどありません。
患者自身がリスクを管理しなければならないため
”安全”で”楽”とは言えませんが、糖尿病の患者として
受ける制約は少なくなり、かなり自由な生活をすることが
可能だと思うんです。
日常に発生する予期しないアクシデントには専門的な
アドバイスをしてくれます。
HbA1cの悪化についてはうるさいですけどね・・・

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro1.png
安全だけど制約の多い生活か
大変だけど自由な生活か・・・
A医師やB医師の方針が良い悪いではなく
患者それぞれのライフスタイルや相性などで
判断して選択すれば・・・と思います。
この病院ではA医師からB医師へ
B医師からA医師へ変更するのは
了承してくれますので・・・
 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top