Blog

IDDM歴20年の【A1Cマスターひろ】の浅~い糖尿病知識を
棚卸してみました。
第2弾!!
tnb-11
正確に専門的に知りたい方は読まない方が良いかも・・・
ネットで検索すればいくらでも詳しいサイトが溢れていますから

スポンサーリンク

暁現象

o-11.jpg
早朝に血糖値が高くなってしまうこと。
原因=わかりません。
【A1Cマスターひろ】も良く経験しましたが
持続型のインスリンを使うようになってからは
あまり経験しなくなりました。

インスリン抵抗性

o-22.jpg
インスリンが、キチンと作用しない状態
2型糖尿病の場合はインスリンは分泌されていても
インスリンの効きが悪くなっている場合が多い。
原因としては遺伝や、肥満、また、加齢などによるものと
考えられていますが、原因はわかりません。

眼底出血

o-33.jpg
眼底の網膜に出血がおこること。
【A1Cマスターひろ】は年に2回は眼底の写真を撮って
検査しています。
20年前に「20年後には失明する」と宣告されていたので
眼に起きる合併症は気になるんです。

強化インスリン療法

o-44.jpg
血糖自己測定をしながら、その都度状況に合わせてインスリンの量を
決めて注射する血糖コントロール方法。
【A1Cマスターひろ】はこのやり方で長年やってきました。

反対に、インスリンの量を固定して食事や運動で血糖コントロールを
指示する医師もいますが、現実的ではないと思っています。

仕事をしていると行動や食事を自分でコントロールできない場面が
多々発生してしまいます。だからインスリンの量をコントロールします。

境界型

o-55.jpg
糖尿病を診断する検査にブドウ糖負荷試験がありますが
その検査結果で『糖尿病とはいえないが正常ともいえない』
という場合に境界型と言われます。

”糖尿病予備軍”もこのなかに含まれています。

将来的には糖尿病になる可能性が高く、注意が必要!
この段階での放置は絶対にやめましょう。
糖尿病は深~く静かに進行しますよ!!

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro7.jpg
情けないような知識しかありません。
IDDM歴20年なんとか合併症もなく生きています。
知識はなくても知恵は身に付いているようです。
糖尿病の専門用語を正確に知りたい方はキチンと
調べてくださいね。ネットで検索すれば溢れています。
知恵は身に付かないでしょうが・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top