Blog

【A1Cマスターひろ】はこのブログを始めるようになってから
同じ糖尿病患者さんのブログを見る機会が増えました。
直なところ自己嫌悪に・・・
医療従事者かと思えるような豊富な知識を持っている
人が多いんですね。
tnb-1
そこで、IDDM歴20年の【A1Cマスターひろ】の
糖尿病知識を棚卸してみました。
正確に専門的に知りたい方は読まない方が良いかも・・・
ネットで検索すればいくらでも詳しいサイトが溢れていますから

スポンサーリンク

糖尿病

to-1.jpg
血糖値が高くなって下がらない病気。
血糖値を下げるホルモンのインスリンが分泌されなかったり
分泌されても働きが悪いと血液の中に糖分が溢れてしまいます。
異常に高い血糖値や低い血糖値になるのは危険だけど
糖尿病自体よりも高い血糖値を放置しておくことで
引き起こされる合併症が怖いのです。
原因=わかりません。
糖尿病の治療法=わかりません。
合併症の予防法=血糖コントロールを良好に

あなたの血糖コントロールを良好にする方法

わかりません。
だって、みんな違うんですから・・・
血糖コントロールの方法はオーダーメイドなんです。

血糖値

to-2.jpg
血液の中のブドウ糖が多いか少ないかを知るための数値。
表示単位は『mg/dL』となりますが【A1Cマスターひろ】は
最近まで知りませんでした。読み方も・・・
健康な人の血糖値は、空腹時では70~110mg/dL
食後の高いときでも140mg/dL未満だそうです。

SMBG

to-3.jpg
三井住友銀行ではなく『血糖自己測定』のこと。
手軽な血糖測定器を使って自分の血糖値の状態を
知ることで血糖コントロールに役立てるのです。
【A1Cマスターひろ】は1日に6~10回の血糖自己測定を
やっていますが、これがなければ血糖コントロールなんて
できません。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

to-4.jpg
【A1Cマスターひろ】最大の関心事!!
過去1~2ヶ月の血糖コントロールの成績表。
赤血球中のヘモグロビン(Hb)のうち、ブドウ糖と結合している
ヘモグロビンの占める割合を・・・
正直、理屈は良く分かりませんがとにかく過去1~2ヶ月の成績表。
7%以下なら合併症を予防できると信じて
インスリン治療を20年間やってきました。

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro7.jpg
情けないような知識しかありません。
IDDM歴20年なんとか合併症もなくきています。
知識はなくても知恵は身に付いているようです。
糖尿病の専門用語を正確に知りたい方はキチンと
調べてくださいね。ネットで検索すれば溢れています。
知恵は身に付かないでしょうが・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top