Blog

健康ブームといわれるなか、健康食品やサプリメントの
広告を本当によく目にします。
CAM(補完代替医療)と呼ばれているそうですが
様々な効果をうたって販売されていますね。
MPo7.jpg
『血糖値を下げる』というCAMも少なくないようですが
実際に、その効果は・・・

 

スポンサーリンク

女性に多いCAM摂取~高価な出費も

MPw0.jpg
熊本大学医学部附属病院では外来で通院している糖尿病患者に
CAM(補完代替医療)についてアンケートを実施。
その結果を糖尿病学会で発表しています。

これだけ多くの糖尿病CAMが販売されていながら
こうした調査って、あまり見かけませんね。

今回のアンケートによると・・・

●対象者:外来で通院している糖尿病患者117人
男性52人(平均年齢52歳)
女性65人(平均年齢65歳)
平均羅病期間 15.8年

●方法:無記名のアンケート調査

健康食品やサプリメントを血糖値が下がることを期待して
摂取したことがある患者は28.2%でしたが、女性は
37%が摂取していた。
健康食品やサプリメントの摂取期間は80%以上が
1年以内だったが5年以上続けている患者も15%いた。

一カ月当たりの費用は
1,000円~ 5,000円 42%
5,000円~10,000円 21%
1,000円未満    15%
10,000円~50,000円  6%
50,000円以上     6%

その健康食品やサプリメントはどこで知ったの
知人・友人  40%
新聞・テレビ 26%
雑誌     12%
病院・医師から教えてもらい摂取している患者はゼロ
摂取前に医師に相談した患者は20%

効果については
何とも言えない 61%
かなり満足    6%
少し満足    15%

熊本大学医学部附属病院栄養管理部の三島裕子氏は、
「今回の結果では、女性の糖尿病患者におけるCAM摂取が
多いことが示された。摂取者の経済的負担が大きいことが
明らかになったが、満足度は高くなく、多くの患者が
自己判断で利用していた。日本人の糖尿病患者における
CAM摂取状況の把握をさらに広く行う必要がある」と話している。

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro7.jpg
【医師に無断であまり効果の期待できないCAMを
高額の出費で摂取している患者が3割いる。】
ということですね。

先生にナイショ!!
これってマズイんじゃないの・・・?

調査対象者の平均年齢が60歳近かったためか
今回、情報源にインターネットがありませんでした。

インターネットには血糖値が下がるという
健康食品やサプリメントを売ろうとする
糖尿病サイトが氾濫しています。

「何とも言えない」効果しかないCAMに
大きな出費を続けている人は、もっと多いのでは・・・

【A1Cマスターひろ】は、そう思っています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

    • リリーローズ
    • 2013年 12月 19日

    ひろさん

    こんにちは。リリーローズです。

    いつもブログの方、楽しく拝見させて頂いております。
    とても役立つ知識を有難うございます!

    さて、ひろさんは何かサプリメント等は摂取されていますか?

    私は下記のダグラスラボラトリーズ社から出ている「UPXマルチビタミン」が気になっています。
    http://www.d-sup.com/user_data/awards.php

    何か1つの成分に特化したサプリより、
    マルチビタミンの方が良いと思いました。

    それとも、糖尿病の方はサプリメントの摂取は控えた方がいいと思いますか?

    もし可能であれば、アドバイス頂きたいです。

    宜しくお願いします。

      • ひろ
      • 2013年 12月 20日

      こんにちは リリーローズさん

      >ブログの方、楽しく拝見させて頂いております。
      自分の気になることを好き勝手に綴っているだけの
      ブログに暖かいお言葉を頂き感謝いたします。

      早速ですが、サプリメントについては糖尿病患者だから
      という事とは関係なく懐疑的なんです。

      ですから、サプリメントは飲んでいません。
      飲む必要性を感じないのです。

      栄養をバランスよく摂取したいとは思うのですが
      それを、あのカプセルや錠剤でというのは文字通り
      味気ないと思ってしまうのです。

      インスリン注射なしでは食べることができないからこそ
      『食べる』ということにこだわるのかも知れませんね。

      一般論としてのサプリメントについては、上記の記事の
      アンケートに端的に表れているように感じています。
      つまり、「あまり効果はないんじゃないの」と。

      サプリメントを飲むことで安心感が得られ、少しでも
      ストレスが緩和されるなら、それはそれで効果アリと
      言えるのかな。

      サプリメントは医薬品と違いリスクもベネフィットも
      科学的な裏付けを得られる実験がほとんど行われていない
      という事実は知っておくべきだと思います。

      糖尿病との関係では「グルコサミンとコンドロイチンは
      血糖値を上昇させる成分だ。」と話題になったことが
      ありましたが、これも明確にはなっていませんね。

      サプリの本場アメリカではマルチタイプのサプリメントの
      副作用に問題があるとの報告がされているようですが、
      今後、このブログで記事にしたいと思っています。

      だらだらと長くなってしまってスミマセンでした。

      最後に、どうしてもサプリメントを飲むなら・・・
      糖尿病に限ったことではないのですが、何らかの持病が
      あって治療中なら絶対に主治医には相談すべきです。

      以上、ありふれた結論になってしまいましたね。

    • リリーローズ
    • 2013年 12月 23日

    ひろさん

    こんにちは。リリーローズです。

    本当に詳しいアドバイスに感激です!
    とっても勉強になります。

    また、サプリに関する最新記事も拝見しました。

    何でもそうですが、「手軽に・簡単に」というのは選択する際慎重になる必要がありますね。
    やはり、栄養素は食べ物から自然な形で摂取するべきという考えに行きつきそうです。

    あと、前から気になっていたことがあり、ぜひひろさんのご意見を聞きたいのですが、
    ひろさんのHPでも紹介されている「みどり工房」さんのHPを見ていた際
    菊芋パウダーなるものが発売されていました。
    http://www.midori-cobo.com/product/products07.html

    調べてみたところ、菊芋に含まれるイヌリンという成分は「天然のインスリン」とも
    呼ばれており、血糖値を上がりにくくする(下げる効果は不明)作用があるようです。

    もしそうであれば、毎食のお味噌汁などにティースプーン1杯程度を
    溶かして食べてみるのはどう思いますか?

    検索エンジンで調べると、菊芋には血糖値を下げる効果がある・一切ないに意見が分裂しています。

    やはり、こちらも主治医に相談し、許しを得られたら自分で試しに実験してみて、
    食後の血糖値を測ってみるのがいいのでしょうかね?

    あと、私は料理の際砂糖を使用する代わりに、エリスリトールが主成分の
    「ラカントS」という商品を使用しているのですが、こちらはどう思われますか?

    江部先生のブログでも推奨しており、
    こちらは特に使用は問題ないかと認識しております。

    最近は同シリーズで「ラカント カロリーゼロ飴」というのも発売されているのを知り、
    近所のドラッグストアに行ったら売っていたので、試しに購入してみました。

    甘いものを一切食べないと徐々にストレスが溜まるのを実感していたので、
    血糖値に影響がでにくく、食べても安全なものを自分になりに見つけ、
    それをうまく活用して、快適な糖質制限生活を送りたいと思っています。

    少し前に記事に書かれていましたダークチョコレートも注目中です。

    色々と質問をあげてしまい大変恐縮なのですが、
    お時間がある時にアドバイス頂けますと幸いです。

    宜しくお願い致します。

    リリーローズ

      • ひろ
      • 2013年 12月 26日

      リリーローズさん、こんにちは。

      菊芋ですか、懐かしいなぁ。
      私も、随分昔に勧められて飲んでいた時期がありました。

      でっ、結果は???
      当然、1型糖尿病のひろには何の変化もありません。

      ブログにも書いたことがあるのですが、糖尿病発症の
      20数年前に、心配した両親が仕入れてきたいろいろな
      民間療法を次々に試した時期がありました。

      さすがに『お酢の風呂』には参りましたね。

      ひろは、どれも好結果を得られなかったのです。
      でも、効果があった人も存在するのでしょうね。

      私はリリーローズさんにアドバイスなどという
      おこがましいことができる立場ではありませんし
      安易にすべきではないと思っています。

      結論は、リリーローズさんも御理解されているように
      主治医に相談し判断すべきと思いますよ。

      糖尿病の疑いがあるといわれる人の4割が治療を受けて
      いないといわれています。

      初めて糖尿病を宣告され、病院で治療を開始した人の1割が
      合併症を発症しているといわれているのです。

      この中には、病院でなくても民間療法で何とかなるだろうと
      考えていた人もいるのではないか?
      もし、そうだとしたら合併症の発症は残念でしかたないのです。

      「主治医に相談」ということは少なくとも病院で治療を
      受けているんだなと思えるから勧めるのです。

      私も、カスピ海ヨーグルトとか、たまねぎ氷とかを
      食べています(妻に食べさせられている・・・?)ので
      完全否定するつもりなどはありません。

      同じ食べるなら、少しでも体に良いというものに
      代替するのは有りだと思いますし・・・。

      でも、糖尿病を改善しようとするのなら中心は
      病院での治療だと思いますよ。
      (医師なら全て信頼できるとは思いませんけどね・・・)

      糖尿病に限りませんが、病気を患うと様々な制約が
      発生してしまいます。
      「あれはダメ」「これはダメ」
      「あれをしなさい」「これをやりなさい」・・・

      ストレスがたまっていくと
      時々、爆発したくなります。

      そのへんを上手く折り合いをつけて病気と
      付き合っていくしかないのでしょうね。

                  【A1Cマスターひろ】

    • リリーローズ
    • 2013年 12月 29日

    ひろさん

    こんにちは。リリーローズです。

    年末にも関わらず、この度も丁寧なアドバイス有難うございます。

    > 結論は、リリーローズさんも御理解されているように
    > 主治医に相談し判断すべきと思いますよ。

    やはり、主治医のアドバイスを軸にした方が賢明ですね。
    そのためにもいい主治医の選び方がかなり重要になってきます。

    > ストレスがたまっていくと
    > 時々、爆発したくなります。

    > そのへんを上手く折り合いをつけて病気と
    > 付き合っていくしかないのでしょうね。

    確かに以前と比べて、ストレスは溜まります。
    それを感じる瞬間がないくらい、何か没頭できるものを他に見つけようと思います。

    あとは、ひろさんもブログでよく書かれている
    「KKDD」の精神はけっこう重要ですね。

    時間と経験によって、ある程度の勘を養いたいです。

    これからもブログの更新を楽しみにしていますね!

    この度は誠に真摯な対応に感謝いたします。
    有難うございました。

    リリーローズ

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top