Blog

hanbaga
ファストフードを週2回以上食べる人は、食べない人と比べて
糖尿病発症リスクが27%、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡が56%
も上昇するという記事を書きました。
ところが、米国で信じられない事実が報告されました。

14年前に購入したマクドナルドのハンバーガーが
今でも、見た目がほとんど変わらず現存しているというのです。
 

スポンサーリンク


 

14歳となったハンバーガー

hannbu.png
これが、14歳???
出典:http://gigazine.net/news/20130424-mcdonald-burger-bought-in-1999/
アメリカのユタ州に住むデイビット・ウィップルさんは
14年前に購入したマクドナルドのハンバーガーを自宅で
見つけました。

そんな昔のハンバーガーが見つかったことより
驚きなのは、見た目が全く変わっていない
ことにビックリしたそうです。

そりゃそうだよね。

それって、防腐剤がたっぷりってことなのか?
この出来事は、アメリカの人気テレビ番組で『The Doctors』で
取り上げられて話題騒然となっています。

番組の中でハンバーガーを確認した司会者によると
カビもなく、腐敗臭のような臭いも全くなく
14年前の完全に近い形だということ・・・

「今、買ってきた」といっても通用するとか、しないとか・・・
変化と言えばピクルスが型崩れしているくらいとのこと。
高カロリー、糖分、脂質、そしてたっぷりの防腐剤!
こんなものを世界中にバラまいているのか???

なぜ、腐っていないのかは明らかにされていないのですが
知りたいですね。

マクドナルドは・・・

マクドナルドはこの件についてLATimesに対し、問題のハンバーガーが
どんな環境で保管されていたかは分からないが、乾燥しているなど
状態によってはカビや菌が繁殖しないとコメントしています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top