Blog

MPt87

2型糖尿病と診断されるとスタートする治療には
食事療法、運動療法、薬物療法がありますね。

その中でも医師からインスリン注射を指示されることは
相当なショックとなるでしょう。

「そこまで自分の糖尿病は悪化していたんだ」そんな思いと
毎日、注射を続ける日々と将来への不安・・・

インスリン注射=糖尿病の悪化
ちょっと待った!この発想は大間違い だと思いますよ・・・

スポンサーリンク

糖尿病の治療目的は何のため

Md69

【A1Cマスターひろ】の場合は発症当初からインスリン注射しか
選択肢はなかったのですが、生活習慣が主たる原因とされる
2型糖尿病でも多くの方がインスリン注射をしています。

というよりもインスリン療法をされる方のほとんどは2型です。

「2型糖尿病患者へのインスリン注射は最後の手段」であり
「糖尿病の悪化」のような発想がありませんか?

【A1Cマスターひろ】は、こう思っています。それは・・・
(主治医の受け売りですが)

ご存知のように糖尿病は3大合併症の他、様々な合併症を
引き起こす危険があります。
糖尿病治療の目的は合併症の予防なのです。

つまり、糖尿病の悪化とは合併症を発症させてしまい、さらに
その合併症を悪化させてしまうということではありませんか。

合併症を予防するために大切なのは血糖コントロールを
良好にすることです。

そのための手段のひとつがインスリン注射なのです。
繰り返します、インスリン注射が必要になることが
即、糖尿病の悪化ではないのです。

怖いのは合併症です!!!

糖尿病の悪化について思うこと

a041
【A1Cマスターひろ】は20年近くインスリン注射を続けています。
1日に150単位以上も打つことがあります。

でも、今のところ何の合併症も発症していません。
現在のHbA1cの値を維持できれば、これからも合併症の発症は
予防できると信じています。

病院には、インスリン治療ををしないまま
眼底出血を起こしてしまった2型糖尿の患者さんがいらっしゃいます。

ここで考えてしまいます。

●長年インスリン注射を続けながら合併症のない
1型糖尿病の【A1Cマスターひろ】
●経口薬の治療だけで眼底出血してしまった
2型糖尿病の患者さん

どちらが、「糖尿病の悪化」と言えるのでしょうか???

インスリン注射をスタートすることが「糖尿病の悪化」などという
誤解は捨てるべきではないでしょうか。

インスリン療法を始めたら、一生やめられない

strt5_S
血糖値が高いままでいると糖が毒になってしまい(糖毒性)
この毒性が膵B細胞を破壊してしまいます。

ですから長い間、高血糖が続いてインスリンの分泌能が消失してしまう
と、一生インスリンを打たなければならないことになります。

早くインスリンを打って血糖を下げると,膵B細胞が回復します。

そのため、私の主治医は2型糖尿病の患者さんの状況によっては
「一生インスリンにならないためにも、1日でも早くインスリンを
打ちましょう」と患者を説得しています。

実際に,インスリンを2~3週間打つだけで経口血糖降下薬へと
移行できる患者もまれではないとのこと。

1型糖尿病の【A1Cマスターひろ】としては
うらやましい話ですね。
【A1Cマスターひろ】は少しでも変化を感じたら
血糖値を測定します。

【a1cマスターひろ】は医師ではありません。糖尿病のインスリン治療を続ける患者として主治医と確認の上治療を続けています。安易な自己判断でマネすることなく主治医の指導にしたがってくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top