Blog

血糖値測定,指,部位

どの指を使っても指の先は敏感なので痛いですね。
痛いのは注射だけでカンベンしてよ・・・
約20年近く、1日5~6回は血糖測定をしていると
あまり気にしていませんでしたが・・・

先日、こんな質問を受けました。
「ひろさんは血糖測定にどの指を使うのですか?」

 

スポンサーリンク

 

血糖測定がイヤな理由

血糖を良好にコントロールするには自分の血糖値を
測定することで把握するしかありません。
血糖測定

でも、あの指パッチンは何年たってもイヤなものです。
だって痛いですから・・・

あるアンケートによるとSMBG(血糖自己測定)をためらう
理由の第一位は【痛いから】というものでした。
第二位は【面倒くさいから】
第三位は【高い血糖値が出ると落ち込むから】

どれも、よ~く気持ちはわかりますが
さすがに20年もやっているとどれも気になりません。
あえていうと【A1Cマスターひろ】の場合は測定チップ代!!

【A1Cマスターひろ】はクスリ指を使います

クスリ指
話を質問の答えに戻すと・・・
【A1Cマスターひろ】はクスリ指を使います。

当初は病院の指示で人差し指を使っていたのですが
何回も穿刺を繰り返すことで指先が「マメ」のように
硬くなり盛り上がってきたのです。

ある日仕事で商談中にパンフレットの写真を指差したときに
相手の方から「その指先どうしたんですか?」と言われて以来
隠しやすいクスリ指に変えました。

ちなみに、指の腹の真ん中よりも脇腹に少しずらした方が
痛みは感じにくいようです。でも、何回もやっていたら
痛みなんて気にならなくなります。

もちろん、クスリ指に変えても穿刺する部位は
「マメ」のように硬く盛り上がってきますが
時々、ヤスリを使って削っています。

もう何万回も穿刺しているクスリ指には
大変申し訳なく思っております。

痛くない穿刺

痛くない,穿刺
通常、血糖測定の穿刺は指先ですが
痛みの少ない部位があります。

80%近い方が指先ほど痛みを感じないという部位・・・
それは、上の画像にある手の平からの採血です。

青丸1は【A1Cマスターひろ】が普段採血するクスリ指。
青丸2や青丸3の位置が手のひら採血の場所になります。

神経が集中する指先とは違い、痛みが少ないだけでなく
神経や血管をキズつけにくいのでお子様にはオススメですね。

ただし、注意が2点!!
●赤丸の場所は神経が集中しているので絶対に避けてくださいね。
●低血糖の場合、高血糖で変だなと感じる場合などは指先で採血する。

指先からの採血による血糖値のほうが、より現状に近い血糖値を
表しているそうですので・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

    • 2013年 10月 11日

    このブログ大好きです。とっても楽しく拝見させていただいてます!
    私はおそらくアブノーマルなんでしょうが、左手親指の間接に針刺してます。
    ちょうど爪の下の曲がるところです。わかりますかねww
    痛くないですよ。
    おまけにパチンの器具は使いません。
    ニプロの針使ってます。
    測定前の消毒はしません。
    何回も同じ針を使います。
    はい、経済的です。

      • ひろ
      • 2013年 10月 13日

      ☆さん、コメントありがとうございます。

      そんな採血方法があったんですね。
      私の周りでもあまり見かけない方法なんでビックリ!

      どうやって、その方法にたどりついたのか?
      そのことに興味津々です。

      経済的とのことですが、普通の病院じゃ
      まちがいなくNGですよね。

      『普通の病院じゃNG』が大好きなひろでした。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top