Blog

今年に入って、2つの報告がありました。
1月の、国立国際医療研究センターの報告
「長期にわたる糖質制限は死亡リスクが1.31倍」
3月の、日本糖尿病学会の提言
「糖質制限は勧められない」
giron1
食事療法としての糖質制限はやめたほうがいいのでしょうか・・・

スポンサーリンク

【A1Cマスターひろ】と食事療法

MP900442444
【A1Cマスターひろ】は何でも気にせず食べてしまいます。
食事療法を意識したことはありませんでした。

乱暴な言い方をすれば血糖値が高ければインスリンを注射し
低けりゃ補食すればいい、そんな風に思っています。

すすんで偏食するということではなく、バランスよく
何でも食べるという事です。

血糖コントロールはHbA1cさえ良ければ問題なし
つまり高血糖になっても低血糖も起こすので
足して2で割れば正常値!!

実際はそんな単純じゃないですが、血糖コントロールって
仕組みは単純・実践は超困難なんですね。

ところが、最近になって気になっているのが
血糖値の激しい上下は良くない・・・ということです。

糖質制限食には血糖値の上下幅が小さくなるかもしれない
という期待を持って関心があったのです。

主治医の判断はNOでしたが・・・

結局は専門家の研究に期待

kenkyu
【A1Cマスターひろ】はIDDM歴は20年と長いのですが
食事療法については糖尿病初心者です。

糖質制限もカロリー制限も糖尿病患者の血糖コントロールを
良くしようとするもの・・・
患者としてはどっちでもいいんです。

私達は糖尿病でない人より多少の知識はあるかも知れませんが
患者にすぎません。この論争の判定なんてできないと思います。

ただし、最近の糖質制限VSカロリー制限の論争は別の意味で
とっても気になっています。

ネット上でのバトルが一部では論争というよりも感情ムキ出しの
罵り合いに近いものになっているのは残念ですね。

正当性を主張するあまり、詭弁を弄したりすることなく
冷静になった方がいいのでは・・・

結局は専門家の研究に任せるしかないのでは?

対立じゃなくて、両方のいいとこ取りなんてことも
あるかも知れないじゃないですか。
そんな印象を持っています。

とくに、糖尿病初心者さんへ

sentak
2型糖尿病の宣告を受けたばかりの患者にとって
食事療法は最も重要な治療になります。

ネットで情報を得ようとする方も多いはずです。
この論争も知ることになるでしょう。
心配なのは糖尿病初心者の患者さんが過熱した論調に
巻き込まれてしまわないかということです。

食事療法初心者の【A1Cマスターひろ】も
つい納得してしまいそうなコメントも多々あります。
(良く考えると変なことに気付くんですけどね)

糖尿病の治療は主治医と作るオーダーメイドだと思います。
残念ですが、これだけをやっていれば大丈夫なんていう
治療方法は存在しないと考えたほうがいいでしょう。

これで完璧なんてことはありません。
そんな治療法が見つかってくれると嬉しいですけどね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top