Blog

隠れ糖尿病,HbA1c

健康診断を定期的に受けても見逃される隠れ糖尿病。
空腹時の血糖値を測るだけじゃダメでしょ。

HbA1cを定期健診することで、早い段階で将来の糖尿病発症を
予測するという研究が発表されました。

ここで、ちょっと【A1Cマスターひろ】の自慢を・・・
1年前のこちらの記事をご覧ください。
↓↓↓↓↓
>>>隠れ糖尿病はHbA1cで発見してください

そうだろう、そうだろう、HbA1cを活用しようよ。

スポンサーリンク

HbA1cが効果的だった研究

HbA1c

●調査対象は約1万人・平均年齢58.25歳、HbA1cの平均は5.59%
22%の人が5~8年以内に糖尿病を発症

●糖尿病発症とHbA1c
HbA1cが4.5%だった人に比較すると
「HbA1cが5.5%以上、6.0%未満」の人の糖尿病発症は2.49倍
「HbA1cが6.0%以上、6.5%未満」の人の糖尿病発症は4.82倍

HbA1cが高めだった人ほど糖尿病発症リスクが高いという
当たり前と言えば当たり前の結果ですね。

HbA1cが0.5%上昇するとリスクが倍増というのにはビックリです。

一定の年齢に達したらHbA1cの定期検診をすべきではないでしょうか。

「健康診断で空腹時の血糖値が高めと言われた」ではなく
「健康診断でHbA1cが高めと言われた」
に変わっていかないと隠れ糖尿病は減らないのでは??

【A1Cマスターひろ】は・・・

ひろ

糖尿病の診断基準ではHbA1cが6.5%以上だと
糖尿病と診断されます。

糖尿病が国民病と言われ、隠れ糖尿病が問題視されているなら
一般的な健康診断でもHbA1cの測定をすべきだと思っています。

HbA1cなら測定するタイミングを考慮する必要もありません。
直前に何を食べても検査結果に影響がない・・・

食後の血糖値上昇を無視してしまうような空腹時血糖値測定のみの
健康診断の無意味さは明らかですよね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top