Blog

byo11

【A1Cマスターひろ】は1型糖尿病の発症当時に
約2年間で3度も転院を経験してしまいました。

4つ目の病院で出会った医師と20年近く付き合うことに
なったのですが、その病院とは・・・

スポンサーリンク

それは『●●クリニック』という糖尿病専門開業医

dbsyoki4_s

4つの病院の内、最初の3つは有名な大きな総合病院です。
でも、最終的に長いおつき合いになったのは街の開業医でした。
『●●クリニック』

たまたま、そういう医師にめぐりあえただけかもしれませんが
8%前後をウロウロしていたHba1cが6%台に一気に下がったのも
この医師に出会ってからという事を考えると強引な転院が良かったと
言えると思っています。

大きな病院だから『ダメ』と短絡的に決めつけるつもりは毛頭ありませんが
【A1Cマスターひろ】の場合は『ダメ』でした。

強引な押し付け・・・
上から目線の物言い・・・
目を合わせようとしない会話・・・
人として失礼な行為・・・
恐怖心を煽る言動・・・
こんな状況で一生続く糖尿病治療を受け入れることはできません。

逆に開業医なら何でも『OK』ということでもありませんが、
もし転院を考えているなら、こちらのグループは一考に値すると
思います。
↓↓↓
糖尿病データマネジメント研究会

こちらのデータでは、大きな総合病院よりも糖尿病専門開業医で治療する
糖尿病患者の方がHba1cは良好な結果を残しています。

実は【A1Cマスターひろ】の通う病院も糖尿病データマネジメント研究会に
所属する病院なのです。

【A1Cマスターひろ】は・・・

m,hiro

私達は病気を選ぶことはできませんが、病院を選ぶことはできます。

糖尿病を治療していく上で、ストレスになってしまうような病院通いは
絶対に無理です。なぜなら病院とは長~い付き合いになるからです。

興味のある方は、こちらの記事もどうぞ
↓↓↓
>>転院を繰り返した糖尿病患者【A1Cマスターひろ】
>>転院①~総合病院へ【1型糖尿病患者ひろ21年目の決断】
>>転院②~低血糖【1型糖尿病患者ひろ21年目の決断】
>>転院③~4回法とは【1型糖尿病患者ひろ21年目の決断】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top