Blog

 

血流改善,ふくらはぎ

金スマで紹介された槙孝子先生のふくらはぎ健康法が話題になっていますね。

著書『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』は50万部を超えて
売れまくっています。金スマの威力ってスゴイです。

ところで、
糖尿病とは血糖値が高いこと。(そんなこと知ってるよ!!!)

そして、怖いのは合併症を併発させるということ。(それも知ってる)
糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経症、脳梗塞、心筋梗塞
などなど・・・・・・

これら合併症の原因に共通点があります。
血糖コントロールが良くない・・・・・正解!
では、もうひとつ
『血液の流れが良くない』ということ。 

スポンサーリンク

血流改善にはふくらはぎをもみなさい

ふくらはぎ,金スマ

ふくらはぎって『第2の心臓』と呼ばれていますが、人間の血液は70%が
下半身に集まっているそうで、ふくらはぎをもむことで血流が良くなり体が
温まって免疫力がアップする最強の健康法だというのです。

両足のふくらはぎをもむことで
・血流が良くなり、
・体がぽかぽか温まり、
・足先の冷たさもなくなり、
・体内の不老物が流れることで代謝もあがり、
・ダイエット効果も

体にいいことばっかりですね。

糖尿病患者の血液はドロドロ

血液,ドロドロ

残念ながら糖尿病患者の多くは血液がドロドロといわれています。

【A1Cマスターひろ】もコレステロールや中性脂肪などの検査結果は
ギリギリ正常値の上限あたりをウロウロしています。

かなり血液はドロドロなのでしょう。

人間の血管をつなぎ合わせるとナント10万キロ(地球2周半)も
あるそうですから、くまなく血液が流れるためにはドロドロじゃ
まずいというのは理解できます。

合併症を予防するためにも血流って大切なんですね。

【A1Cマスターひろ】は・・・

ひろ

血液の流れが良くなるのはうれしいのですが、ドロドロの血液でも
大丈夫ですか? そんなことはないよね・・・。金スマさん教えて!!!

ドロドロじゃ、ふくらはぎを頑張ってもんでも血流は良くならない
ような気がしています。

ふくらはぎを揉む前にサラサラな血液にしなくちゃ・・・
・食事に気をつけて
・適度な運動をして
・タバコをやめて
・ストレスを溜めずに
血糖コントロールを良くする。

ありゃ、それができればふくらはぎを揉まなくても
血流が改善されているかも・・・・・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top