Blog

pinn22

血糖測定器が血糖値Hiをたたき出しました!
ということは500mg/dlを超えたということですね。

【A1Cマスターひろ】は年に1~2回血糖値Hiになってしまいますが
お正月は要注意の時なんです。

血糖値Hiへの対応と血糖値の推移

uy14

20時30分 何となく頭がボーっとしてきました。
風邪をひいて発熱した時のような感覚。
「風邪をひいたかな」と思ったのですが、
「もしかしたら?」と血糖値を測ってみたら
Hi・・・・・・・!!
急いで上腕にノボラピッド3単位を注射。
「早く全身に行きわたれ」と念じながら
必死に揉みあげる。

22時00分 血糖値 378mg/dl「インスリンがまだ足りない」
ノボラピッド2単位を注射。

23時00分 血糖値 294mg/dl「インスリンがまだ足りない」
ノボラピッド2単位を注射。

24時00分 血糖値 142mg/dlやっと、落ち着いてきました。

血糖値Hi、何を食べたの?

perika7

実は夕食らしいものを食べていないのです。

おせち料理の黒豆や栗きんとんなどを、昼間から
ちょこちょことつまみながら、19時頃にお雑煮を
食べました。お餅は佐藤の切りもちを3個!

箱根駅伝を見ながらゴロゴロ、そして昼寝・・・

食っちゃ寝、食っちゃ寝では血糖値Hiは当然の結果かも知れません。

このように、一日中だらだらと食べているようなときの
血糖コントロールは要注意ですね。

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro1

毎年、正月は気をつけようと思っているのですが、やってしまいました。
『血糖値Hi』を・・・。

低血糖への対応は慣れたものなんですが、血糖値Hiへの対応は
へたくそです。

対応策・・・こまめな血糖測定!!
実は、この日の日中は血糖測定をサボっていました。
正月だからってこれをサボっちゃいけません。
やっぱりキチンと測定しないとね、IDDMなんですから・・・反省

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top