Blog

計算、血糖値、HbA1c
血糖値を良好にコントロールできているのかを知るためには
自己血糖測定とHbA1cの数値で確認をします。

でも、今現在の血糖値が次回の診察時のHbA1cにどうつながるかは
よくわかりませんよね。

血糖値はリアルに見えても、HbA1cはリアルに見えないのです。
最近はHbA1cを手軽に測定しようという動きもあるようですが・・・

スポンサーリンク

HbA1cの数値管理は合併症を防止する上でも重要な指標です。

糖尿病学会の示す目標値では合併症を予防するにはHbA1c7%未満を
設定しています。

血糖値とHbA1cは関連するはず・・・

血糖値,HbA1c,関連

医師からは「HbA1c7%未満を目指しましょう」なんて言われませんか?
これでは1ヶ月や2ヶ月に1回の診察時に検査結果が出るHbA1cを
日々、コントロールするための具体的な行動につながりませんよね。

 

もう少し具体的に「食前の血糖値をこれくらいに・・・」
「食後2時間の血糖値をこれくらいに・・・」

 

この程度の指示はあるかも知れませんが・・・

 

毎日、血糖値を測定しているとこうした指示より高い時もあるし
低い時もあるのがあたりまえ・・・
それが日々重なっていくと次回のHbA1cが気になってしまうのです。

 

毎日あの”指パッチン”で測定した血糖値というデータから
HbA1cが推定できないものかと思いませんか?
関連性はあるはずですから・・・

やっぱり、頑張ったなら結果を早く知りたいですものね。

血糖値からHbA1cを知る公式があった

血糖値,HbA1c,公式

日々の血糖値とHbA1cの数値には関連性があるのは誰にでも
簡単に理解できます。
ということは、血糖値からHbA1cを推定できないのか???

さすがアメリカですね。米国糖尿病協会からこんな計算式が
報告されていました。

発想は【A1Cマスターひろ】とは逆でHbA1cから過去の平均血糖値を推測
しようというものです。逆算すれば良いだけですから・・・
point-lk 推定HbA1c=(平均血糖値+46.7)÷28.7

もし、この計算式の精度が高ければ、毎日測定する血糖値の平均を
計算することで1ヶ月や2ヶ月後の診察日を待たなくてもHbA1cの
値が推測できる・・・それならば、
日々、チェックし具体的な行動に移せるようになる気がしませんか?

HbA1cを実際に計算してみると

HbA1c、計算

【A1Cマスターひろ】は1日に6回以上は血糖値を測定します。

1ヶ月に約200回
1年間に約2,400回

そこで、2013年のデータを使って検証してみました。
2013年,データ

かなり近似値になっていますね。
全体的に推定HbA1cが実際のHbA1cより低めになっているようです。

この理由を推測してみると、

①血糖値測定器の問題
【A1Cマスターひろ】は複数の測定器をもっているのですが
機種によって結果が違ってきます。
②低血糖時の測定結果が平均血糖値を低めにしている。

こんなところでしょうかね・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top