Blog

uikhj5

糖尿病の合併症と言えば糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症が
3大合併症として有名ですが、糖尿病の合併症は体全身ありとあらゆる
ところに様々な形で表れる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

3大合併症以外で、以前からよくいわれているのが糖尿病と歯周病の関係。
私達、患者の間では当たり前のことなのですが、糖尿病と歯周病の関係は
一般にはあまり知られていないようですね。

歯周病はホントに糖尿病の合併症なの?

ikmno56

いろいろな調査研究が行われているのですが、歯周病は珍しい病気ではない
ので糖尿病と歯周病の関係を明確にするのは難しいようです。

ただし、次のようなことがわかってきました。

①糖尿病患者は糖尿病でない人に比べて歯周病になる確率が2倍以上ある。
②糖尿病患者は糖尿病でない人に比べて歯周病の状態が重症になる。
③血糖コントロールが良くない人ほど重症になる。
④歯周病の人は糖尿病でなくても、『糖尿予備軍』である人が多い。
⑤血糖コントロールが悪いと歯周病の治療が進まない。

これらを見れば「糖尿病と歯周病の関係は密接なんだろうな」という
想像はつきますよね。

でも、たとえば「①の糖尿病患者は糖尿病でない人に比べて歯周病になる
確率が2倍以上ある。」というのも数字上では簡単に把握できても、
その原因はわかっていません。

糖尿病患者に歯周病が多い原因を推測すると

2MPpd

●高血糖により唾液に変化が・・・
高血糖の症状に喉の渇きがありますね。唾液の分泌が減ってしまうため
唾液の持つ重要な役割(消化、浄化、修復など)が果たせなくなる。
さらに、高血糖ということは唾液も糖分の濃度が高くなる。
このため、口の中に歯周病の原因菌が増えてしまうことが考えられる。
●たんぱく質や脂質の代謝に変化が・・・
●肥満の影響か?

その他にも、推測できる要因があるようですが詳しいことは専門家に任せましょう。

歯周病も生活習慣病だそうです。もちろん糖尿病も生活習慣病ということを
考え合わせると糖尿病と歯周病の関係はリンクするのは確実かも知れませんね。

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro1

歯周病で歯が抜け落ち総入れ歯・・・なんてなりたくありませんね。
糖尿病と歯周病の関係は、まだ分からないことも多いようですが
状況証拠だけであっても勝手にクロだと断定します。

やっぱりここでも大切なのは血糖コントロール!!

Hba1c 6.5%以下を目指すぞ・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

    • 2014年 3月 17日

    歯周病で困ってます、ここ5年ぐらい。
    歯周病に力入れてる?とある歯科医に言われました。
    「歯周病が治るとA1cも下がるよー」
    定期的な通院が面倒でサボってますが、時間見つけてまた再開しようかと。
    アイスは食べられないし、固いものも無理なんですwww

    まだ歯周病じゃなくても、半年に1回ぐらいはクリーニングにいくのはオススメです。
    ¥2000ぐらいでいけます。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top