Blog

血糖値とHbA1cの正常値
健康診断などで「血糖値が高いです」と指摘されたような場合は
血糖値の『正常値』はどのくらいか知りたくなりますよね。

では、血糖値やHbA1cの正常値とはいったいいくつなんでしょう?
さらに糖尿病と宣告されてしまう数値とは?

日本糖尿病学会が設定する基準値をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

検査の数値結果からの区分

検査の数値結果

【血糖値の正常値は】
<糖尿病型>
①.空腹時血糖値:126mg/dl以上
②.75g糖負荷試験 2時間後血糖値:200mg/dl以上
③.随時血糖値:200mg/dl以上
●どれか1つでも該当し、別の日の検査でも糖尿病型の結果になる場合に
『糖尿病』と診断されます。

<血糖値の正常値型>
①.空腹時血糖値:110mg/dl未満
②.2時間後血糖値:140mg/dl未満
●正常とされるには2つとも血糖値が正常値範囲内であること。

<境界型>
糖尿病型でも正常型でもないもの
●糖尿病に移行する確率はとても高い。

【HbA1cの正常値は】
<糖尿病型> 6.5%以上
<糖尿病の疑いが否定できない> 6.0%~6.4% 

HbA1cの正常値はこれらの数値以下ということですね。

糖尿病と診断されるには

糖尿病の診断

血糖値とHbA1cの両方が糖尿病型という検査結果になれば、ほぼ間違いなく
『糖尿病』と診断されます。

血糖値とHbA1cのどちらかが正常値であっても片方が糖尿病型であれば
再検査が必要になります。(3ヶ月から6ヶ月以内に再検査を)

数年前から糖尿病診断基準にHbA1cが導入されるようになりました。

空腹時血糖値、経口ブドウ糖負荷試験ではリアルの血糖値は確認できますが
診断のためには、再度別の日に病院で検査をしなければなりません。

これって大事だとは分かっていても、やっぱり面倒ですよね。

ですから、その場でHbA1cも同時に測定してもらい、正常値であるかどうか
一発で『糖尿病診断』ができるようになったのは、早期発見という
意味でも良かったのでしょうね。

それではHbA1cの正常値とは?

HbA1cの目標値

HbA1c,目標値

糖尿病と宣告された患者にとってHbA1cの正常値を知るというよりも
HbA1cの数値目標を知っておくことの方が大切かもしれません。

日本糖尿病学会によると・・・

①.血糖正常化を目指す際の目標 HbA1c6.0%未満
②.合併症予防のための目標   HbA1c7.0%未満
③.治療強化が困難な場合の目標 HbA1c8.0%未満

と、なっています。

以前の、優・良・可・・・・という評価とは違って
何のための目標数値かが分かるようになったのは
良かったかも知れませんね。

【A1Cマスターひろ】は・・・

ひろ

HbA1cの目標値は患者さんの状況により変わってきますが
【A1Cマスターひろ】は②のHbA1c7.0%未満が目標です。

目標値は、一般的なHbA1cの正常値とは異なりますが
①のHbA1c6.0%未満では低血糖の連発で毎日が
辛いものになってしまうのです。

【A1Cマスターひろ】にとってはHbA1c7.0%未満が
正常値なんですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top