Blog

意識を失ってしまうような低血糖の場合は、当然ですが患者には
ブドウ糖を摂るなどの対応はできませんよね。

そんな時に家族に対処してもらわなければなりませんが
それがグルカゴンの注射です。

gurukagon
昏睡状態になるような低血糖を起こす患者にとっては
大切なものですが、幸いにして【A1Cマスターひろ】は
重度の低血糖はほとんど起きません。

スポンサーリンク

グルカゴンさえ注射していれば

a0kyuu0
過去20年間で、1度だけですが低血糖昏睡のような状態になり
救急車で病院へ運ばれたことがあります。

血糖が低くなっていることは感じていたのですが、嘔吐が続き
脱水症状になり、口から何も受け付けられなくなってしまったのです。

妻には普段からグルカゴンの使い方を説明していたのですが
イザとなると動揺してしまい注射することができず救急車を
呼んでしまったとのことでした。

グルカゴンを注射してくれれば救急車を呼ぶ必要はなかった
でしょうね。

忘れられがちなグルカゴン

98_origal
【A1Cマスターひろ】にとってグルカゴン注射が必要な低血糖は
20年間で前にも後にも、その1回だけです。

インスリン注射を続けている患者は自分に注射を打つことに
躊躇いなんて感じていられませんが、注射を打つなどという
経験がない健常者の妻にとっては抵抗があったのは理解できます。

【A1Cマスターひろ】は20年間で1度も
グルカゴンのお世話になっていないのです。

他の病院から移ってきた患者さんが「グルカゴン自体を
知らなかった」というのも耳にしました。

つまり、何を言いたいのか・・・
グルカゴンって忘れられてしまっているような気がします。

グルカゴンを必要とするような低血糖を起こさないタイプの
患者だったとしてもグルカゴンの準備は絶対に必要でしょう。

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro1

20年間使ったことはありませんが、それでもグルカゴンは
持っていますし、思い出したように妻にも使い方を確認しています。

でもでも、もっと簡単に扱えるようなものなら良いのにとは思いますが。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top