Blog

糖尿病療養指導士ってご存知でしたか?
恥ずかしながら【A1Cマスターひろ】は知らなかったのです。
後で知ったのですが、ひろの通院する病院でも糖尿病療養指導士の
資格を取得している看護師さんがいたのです。
偉そうに糖尿病についてのブログを書いていながら・・・
糖尿病療養指導士

(社)日本糖尿病療養指導士認定機構によると

この資格は、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を持ち、医師の指示の下で患者に療養指導を行うことのできる熟練した経験を有し、試験に合格した看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士に与えられる。CDEJに認定されることは、糖尿病の臨床における生活指導のエキスパートであることを意味します。

ということです。

スポンサーリンク


つまり、一般企業の普通のサラリーマンである【A1Cマスターひろ】には
受験資格がありませんでした。

そもそも糖尿病療養指導士の資格って?

糖尿病療養指導士の資格

糖尿病療養指導士の資格は、CDE試験とも呼ばれるもので、この資格を持っている方は
糖尿病の治療に必要な患者さんの自己管理についての知識を持っているという事になり
医師と共に患者さんの自己管理を指導する医療スタッフとして活躍をする事が可能です。
都道府県単位で詳細も異なるようですね。

また、日本糖尿病療養指導士というものもあり、これはODEJと呼ばれるものです。
患者さんの生活を理解し、適切な自己管理が行えるように補助をする役割を持つ看護婦
管理栄養士や薬剤などに与えられる資格でもあり、この資格を持っているという事は、
糖尿病の臨床においての生活指導のエキスパートとしての実力を持っていると理解されます。

日本糖尿病療養指導士の資格を取得するには

資格を取得するには

前述したように、受験資格として次の5つのいずれかの資格を
取得していなければならないのです。
それが看護師、管理栄養士又は薬剤師、臨床検査技師、理学療法士の
資格なのです。

さらに、定められた条件を満たす医療施設で継続で2年以上糖尿病療養指導の
業務に携わる事が条件で、その期間中に自分が携わった糖尿病療養指導の自験例を
持っていなければなりません。

また、(社)日本糖尿病療養指導士認定機構の講習会を受講し、受講終了証を取得する
必要もあります。

認定試験を受けて合否が決まりますが、認定期間は5年間で、5年毎に更新を行う事が
必要な資格となっています。

IDDM歴20年の経験は受験資格になりません!!

【A1Cマスターひろ】は・・

ひろ

もしも【A1Cマスターひろ】が糖尿病療養指導士の資格を取得し
インスリン治療の患者さんにアドバイスするなら・・・
消毒するな
針は交換するな
服の上から打て・・・・・・・

こんな不良指導をしそうでコワいですね。
【A1Cマスターひろ】に受験資格など与えてはいけません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top