Blog

sabu7.jpg
最近よく耳にする「低体温」はとっても危険な状態なのに
「冷え性」と違って放っている人が多いとか・・・

体温が1℃下がると免疫力が30%も低下すると言われています。

スポンサーリンク

「冷え性」と「低体温」

samu7.jpg
冷え性は女性に多く、手や足などの末端が冷えることで
肩こり、頭痛、腹痛、生理痛、不眠などの症状が現れてきます。

これに対し「低体温」は本来37度くらいである体の中の深部体温(内臓の温度)が、
35度以下になってしまうことと定義されています。

「低体温」というと雪山遭難のような状況を連想してしまいますが
糖尿病などの疾患を持つ人が重度の低体温症になる事例が非常に多いそうです。
体温は36.5度から37度が理想と言われていますが、体温が1度下がると免疫力が
30%ダウンすると言われています。

ということは、あらゆる病気にかかりやすくなってしまうということです。
「冷え性」も「低体温」も同じ生活習慣病の一種といわれていますが
気をつけなければならないのは「低体温」は無自覚のことが多いため
気づかれにくく危険にもかかわらず放置されてしまうという点です。

長い期間、「低体温」のままでいると様々な生活習慣病の原因となる
危険性があるのです。もちろん糖尿病にも・・・

もちろん「冷え性」なら放っておいても構わないということではありませんよ。

正しい体温の測り方

netu7.jpg
人間の体温は一日中朝から晩まで一定ではありません。
それなら、どうやって自分の平熱を測ればいいの???

自分の平熱を知るには、起床時、午前8~10時の間、午後2~4時の間
午後8時以降の計4回測定し、その平均が平熱と言われています。
体温計にはいろいろな種類がありますし測定する部位も様々。

検温で大切なことは、どんな体温計を使おうとも同じ体温計を使い
正しい使い方をすること、もちろん同じ部位で計測すること。
自分の平熱を確認してみましょうね。

低体温からの脱出

samu8.jpg

●食事
食品には体を冷やすものと温めるものがありますが
当然、温める食品を摂りましょうね。
にんにく、ねぎ、生姜、冬野菜に多い根菜類などが身体を温める作用があります。
糖質や夏場の冷やした飲料も要注意!!

●冷やさない
物理的に体を冷やさないようにしましょう。
夏でも靴下を、必要なら腹巻も・・・

●運動
熱生産の大きな割合をしめる筋力の低下は低体温の大敵!
激しい運動ではなく「1時間のウォーキング」が最適。

●その他
サプリメントや漢方薬などによって低体温を改善する方法も
ありますが、糖尿病患者であれば主治医に相談してからにしましょう。
「冷え性」も「低体温」も同じ生活習慣病の一種ということは
生活習慣を見直せば良いという事ですね・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top