Blog

kanti.jpg
糖尿病宣告の日を覚えていますか?
一生治らない、失明や透析などの怖い合併症・・・
生涯、インスリン注射が必要とわかった時に
将来に対して絶望的になったことを思い出します。

ところが、1型糖尿病でも完治する治療法が・・・

スポンサーリンク

怪しい情報の氾濫

111h
糖尿病に限らず、大病を患ったり事故などで体の機能を
失うようなことになれば誰でもネガティブになるものです。

それまでは思慮深く慎重な人であっても
『私は、この方法で●●が奇跡的に完治した』などと
聞かされると心が動くものですね。

糖尿病は完治しないと分かっていればいるほど
『奇跡』を信じたくなります。

しかも、その原因の多くは生活習慣にあり
その治療法は運動療法や食事療法が中心になります。

食事だってカロリー?カーボ?未だに論争が続いています。
1型糖尿病では原因が明確に特定されていません。

【A1Cマスターひろ】は20年間インスリン治療を続けていますが
「なんで、こんなに血糖が高くなるの」
「どうして今、低血糖になるんだ」ということが度々起こります。

つまり、良くわかんないことだらけなんです。
インターネットを見るといろいろな情報が飛び交っていますが
病気の宣告をされネガティブな状況では怪しい情報でも
「もしかしたら・・・」と思いたくなってしまいます。

全てを頭から否定するのは良くないかも知れませんが
【A1Cマスターひろ】は全く信用していません。

どうしても気になる情報なら

222h
簡単です。主治医に相談です。

現実にあった事例によると、インチキな情報に乗ってしまい
主治医に無断でインチキ商品を使い始め血糖のコントロールを
悪化させてしまった患者もいるそうです。

数値が悪化していく患者さんを不審に思った主治医が
問いただしてバレたそうです。

この患者さんも「もしかしたら奇跡的に」という思いがあったのでしょう。
責めることはできませんが、こうしたインチキ情報は病気に悩む人の
弱みに付け込む悪質な輩で許すことはできませんね。

日本には2千万人以上もの糖尿病患者がいると言われています。
これは膨大な市場規模につながっているはずです。
悪質な情報や業者には十分注意しましょう。

これは注意

333h
確認しておきたいことは、糖尿病の完治は困難だということ。

本当に効果があるなら世界中の糖尿病研究機関がナゼ放っておくのでしょう??
●体験談
ネットで有名な口コミを紹介するサイトで「やらせ」が発覚して
問題になったことがあったようにいくらでも捏造できます。
ほとんどが嘘と思って間違いなし!!
●医師が監修
医師のような肩書きや権威には弱いもの。
でも、どんな医師かぐらいは調べてみましょう。
●聞いたことのないような薬もどき
話にならない!!!!

【A1Cマスターひろ】は・・・

hiro7.jpg
20年前にインスリン治療をを始めた【A1Cマスターひろ】を心配した両親は
様々な情報を仕入れてきては試してみたのです。

最後にはお酢の風呂にも入りました。
「○○の高価なお酢が効く」と聞かされ大量に購入したのです。
今では、家族の笑い話になっていますが
その結果は・・・

【A1Cマスターひろ】は少しでも変化を感じたら
血糖値を測定します。

【a1cマスターひろ】は医師ではありません。糖尿病のインスリン治療を続ける患者として主治医と確認の上治療を続けています。安易な自己判断でマネすることなく主治医の指導にしたがってくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top