Blog

インスリン注射前に消毒
【A1Cマスターひろ】はインスリン注射の前や
血糖測定時の指パッチンの前にも消毒はしていません。
IDDMの宣告以来20年間も消毒していません・・・

なぜ?

面倒だからです!!!!!

えぇ~、そんなんでいいの? いいんです!

スポンサーリンク

インスリン注射前の消毒なしで感染症は怖くない?

感染症
感染症の前に消毒しない理由を論理的に説明します。
えっへん・・・!

あなたが1回の消毒に要する時間を1分かかるとすると1日4回の
注射をするとして4分かかります。
(食前3回+補正インスリン1回)

1週間で28分。1ヶ月で約120分。1年で約24時間。

なんと1年の内で丸1日分も消毒だけで費やされているなんて・・・
どうだ!時間がもったいないだろう・・・。

こんな計算する奴なんてあまりいませんよね。

でも、消毒はやらずに済むならやりたくないのが本音。
やっぱり面倒なんだもん・・・。

 

では、本題の感染症のリスクについてはどうなんでしょうか?

インスリン注射の前に消毒しないことを許可してくれている
主治医によれば・・・、

●普通の清潔感さえあれば、消毒をする必要はない。
(1回の注射で皮下に入る細菌数は10以内で
感染が成立するには10の3乗以上が必要)
1978年には消毒不要の論文が発表されている。

●近年になって衣服の上から打っても大丈夫という
論文が発表されている。

アルコール消毒をすることは,皮膚に備わっている自然の
感染防御機構を破壊するので危険だというのです。

外国の例ですが、感染を起こしてしまった例は消毒をしていた患者に
多いという報告もされているそうですが、その原因は感染防御機構の破壊
と推測されているそうです。
これはちょっと皮肉な報告ですね。

少しでも、インスリン注射で楽をしたいという【A1Cマスターひろ】の思いを
主治医が許可してくれたのにはこんな論文も把握していたからなんですね。
さらに、針交換も痛くなるまでする必要がないというのです。
(針は人の脂肪に触れるとだんだん刺さりにくくなり痛くなってきます)

この病院の患者のHbA1Cが良好だというのも、少しでも簡便な
注射方法の指導でストレスを軽減しようとしていることも要因のひとつだと
思えるんですけど・・・

【A1Cマスターひろ】は・・・

ひろ
インスリン注射は以前と違ってペン型を使うようになってから
かなり楽になりましたが、外にいるときに服をめくり消毒し
注射をするという作業は正直、面倒です。

いくらなんでも泥だらけの部位にインスリン注射なんてしませんよね。

【A1Cマスターひろ】はもちろん楽な方を選びます。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

    • miyahira
    • 2014年 6月 23日

    針交換も痛くなるまでする必要がない・・・とありますが、どう云う意味なのでしょうか?教えて下さい。

      • ひろ
      • 2014年 6月 23日

      miyahiraさん
      コメントありがとうございます。

      う~ん、確かに説明不足の一文ですね。

      針を交換せずに使い続けると
      「スムーズに肌に刺さりにくくなりますよ」
      ということ。

      結果として痛い思いをするんですね。

      ですから、そうなる前には交換した方が
      痛い思いをしなくて済みますよということを
      伝えたかったのです。

      ちなみに今のひろは1日に1本(3回分)の
      ペースで針を交換していますが、最近は針の
      交換を小まめにやるようになっています。

      衛生面が・・・というより新しい針の方が
      痛くないので。

      原則は毎回交換です。
      もし針の複数回使用を考えているなら
      必ず主治医に相談して下さいね。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top