Blog

cosm1.jpg
お化粧は女性の身だしなみ。
「すっぴんで外を歩くなんて」と思われる方も多いはず。

ですが、
多くのコスメティック製品に使われている添加物に糖尿病になる危険性が
2倍にもなってしまうものがあるということです。

この調査結果を発表した米ブリガム・ウイメンズ病院(ボストン)の
Tamara James-Todd博士らによると・・・

スポンサーリンク

フタル酸が糖尿病リスクアップの原因?

rip1.jpg

ames-Todd氏らは今回、全米各地の2,350人の女性を対象に尿の中に含まれる
フタル酸濃度を分析した。

その結果、フタル酸の濃度が最も高い女性グループでは
低い女性グループに比較し糖尿病発症リスクがほぼ2倍に
なっていることが明らかになった。

コスメティック製品などに含まれる特定のフタル酸が体内に取り込まれ
凝縮されたことにより、女性が糖尿病に掛かるリスクを高めているという。

日々の厚化粧(失礼!)は糖尿病になりやすいということか
でも、『今回の結果は糖尿病とフタル酸の関連を示したもので
因果関係を明らかにしたものではない。』としている。

ちなみに、Tamara James-Todd博士は、「さらなる研究は必要だ」と述べている。

フタル酸って何?

フタル酸(フタルさん、Phthalic acid)は化学式 C8H6O4、分子量 166.13 のベンゼンジカルボン酸である。
狭義にはオルト体をフタル酸と呼ぶが、他異性体を含めたベンゼンジカルボン酸の総称もまたフタル酸(類)と
呼称される。メタ体はイソフタル酸、パラ体はテレフタル酸とも呼ばれる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/21 16:33 UTC 版)
スミマセン。難しくて【A1Cマスターひろ】には理解ができません。

しかし、フタル酸エステルは保香剤、 乳液、クリーム、化粧水、ファンデーション
石鹸、マニキュア、ヘアスプレー、香水、など色んなコスメ製品だけでなく
プラスチックなどの塩ビ製品にも使用されています。

数年前には動物実験で白血病が報告され、環境ホルモンの疑いがあるという
報告もあった添加物なんです。

【A1Cマスターひろ】は・・・

【A1Cマスターひろ】は男ですのでコスメ製品には興味がありませんが・・・
(本当に興味ありませんよ!おネエじゃありませんよ!)

塩ビ製品にも使用されているのは困ったもんです。

それにしても、海外では、いろいろな調査をやっているんですね。
こうした発表を見るたびに思うのですが、最後のお決まり文句として
結論を出すには、さらなる研究が必要・・・

ウ~ン、さらなる研究って一体いつごろなんだろう

【A1Cマスターひろ】は少しでも変化を感じたら
血糖値を測定します。

【a1cマスターひろ】は医師ではありません。糖尿病のインスリン治療を続ける患者として主治医と確認の上治療を続けています。安易な自己判断でマネすることなく主治医の指導にしたがってくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top