Blog

kaze.jpg
血糖値のコントロールが乱れやすいインフルエンザは予防したいものですね。

代表的なインフルエンザの予防法は「手洗い」と「うがい」ですが
日テレ 所さんの目がテン!で正しい「手洗い」と「うがい」方法について
東京医科大学 微生物学講座の松本哲哉教授が解説しています・・・

スポンサーリンク

「手洗い」でウィルスはなくならない?

tearai2

風邪・インフルエンザなどの感染ルートには
飛沫感染の他に接触感染があるのはご存知ですよね。

外出先で、ドアノブ、電車のつり革、階段の手すりなどなど
様々なものを触っています。そこにウィルスが付着していれば
手にも付着してしまい、その手で自分の目や鼻や口などの粘膜に
触ってしまうと・・・

この接触感染を予防してくれるのが「手洗い」
誰でも子供の頃から、手洗いについては親や学校から
その大切さを教えられているはずです。

【A1Cマスターひろ】も、血糖の乱れるシックディは避けたいので
もちろん帰宅時には石鹸で手洗いをしていますが
所さんの目がテン!での実験によれば、自分の洗い方では
まだまだ不十分なことが分かりました

番組では帰宅時に石鹸で手洗いした人の2時間後を調べてみると
指にはシッカリとウィルスが残っていました。
テレビで見る限り、しっかりと洗っていたように見えたのですが・・・

東京医科大学 微生物学講座の松本哲哉教授によると
「洗ったつもりでも洗い残しがある」と説明していました
だったら、どうすりゃいいのさ・・・

松本教授監修の正しい手洗い方法

tearai1

①手を水で濡らした後、石鹸をつけ、泡立たせるためによくこする

②手の甲を洗う

③指の間もしっかり洗う

④爪の間の汚れも忘れずに

⑤指は1本1本洗う

⑥手首を洗う(これは忘れがちですね)

⑦最後に水で流し、紙を使って手を拭き、その紙で蛇口を締める

なんと2分44秒もかかってしまいました。

ここまでやればウィルスもほとんど残っていないだろうなと
想像はつきます・・・でも、でも

これを毎日、続けるのはキツイというか完全に無理だろうなと考えたのは
私だけじゃないだろうと思った瞬間に
こんな解決策を教えてくれました・・・
それは、アルコール消毒!!

アルコール消毒液を20秒、手にすりこんだだけで、先ほどの2分44秒かかった
手洗い方法と変わらない効果があるということです。

ただし、ウィルスの中にはノロウィルスなどのようにアルコールが効かないウィルスもあるため、
しっかりと手洗いをすることとアルコール消毒の併用が効果があるとの結論です。

風邪の予防に効果の高い「うがい」の仕方

Mugai3

風邪の予防というと「手洗い」と「うがい」!!
前出の松本教授監修の「うがい方法」とは・・・
①首を真上にしっかり上げる

②首を左右に揺らしながら・・・

③「あ・い・う・え・お」と母音を発しながら
ゴロゴロとうがいをする

【A1Cマスターひろ】は・・・

m,hiro

どうしても血糖値のコントロールが悪くなってしまうインフルエンザなどの
感染症には、とくに気を使って予防しているので、今回の「所さんの目がテン!」
には期待したのですが・・・
要は、しっかりとやることやりましょうってことか・・・
→所さんの目がテン!公式ホームページ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top