Blog

MP9i.jpg

ご存知、糖尿病3大合併症のひとつですね。
日本では糖尿病性腎症が原因で人工透析を受けなければならない
患者が年々増えているそうです。

進行すると命にも関わるので、最も恐ろしい合併症なんです。
最近、アメリカでこんな調査結果が発表されました・・・

スポンサーリンク

約3倍の死亡リスクとは

米国健康栄養調査は1万5,046人以上の10年分のデータを分析しました。
それによると2型糖尿病患者の42.3%が腎症を発症していました。
さらに、ショックなのは死亡率です。

2型糖尿病で腎症を発症していない人の10年以内の累積全死亡リスク11.5%に対し
2型糖尿病と腎症の合併患者では31.1% と高い数値を示しました。
3倍近く高くなってしまうのには驚きです。

糖尿病の合併症はどれも血糖コントロールを良好にすることが
予防の基本ですね。

ただし、腎症の場合は血圧に注意することも必要でした。
毎月の血液検査ではアルブミンの値にチェックです。

腎症を予防するには

問題なのは2型糖尿病そのものも腎症も自覚症状がないこと。

米ワシントン大学のMaryam Afkarian氏(腎臓病)によると
「2型糖尿病患者は自身の発病に気付かないことがよくあり、診断まで長い期間
高血糖の状態で放置しがち。このため神経障害や血管障害、視覚障害を合併しやすく
腎障害も重症化しやすくなります」

ここでも早期発見・早期治療が有効なんですね。
定期的な健康診断は受けていますか?

【A1Cマスターひろ】は・・・

今でも忘れません。
20年前にある医師から言われた言葉
「20年後には失明します」
「20年後には透析が必要になっている」
IDDM歴20年を経過した現在も
眼底出血はありません。
アルブミンも正常値です。
合併症予防の指標はHbA1cと【A1Cマスターひろ】は信じています。
絶対に6%台を維持するぞ・・・

【A1Cマスターひろ】は少しでも変化を感じたら
血糖値を測定します。

【a1cマスターひろ】は医師ではありません。糖尿病のインスリン治療を続ける患者として主治医と確認の上治療を続けています。安易な自己判断でマネすることなく主治医の指導にしたがってくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top