Blog

MP900422209.jpg
ごはんやパンなどの糖質をカットすれば、お腹いっぱい食べても痩せられる。
糖質を控えるので、血糖値が上がらないため糖尿病などの生活習慣病の予防にも
効果があるといわれブームとなった糖質制限食に新たな警鐘が鳴らされました・・・

スポンサーリンク

糖質制限食を続けると死亡率が高くなる

糖質制限食は短期的にはダイエットや血糖コントロールの改善につながると
いわれていますが、長期的に続けるとどうなるか?明らかにされていません。

今回、国立国際医療研究センター病院糖尿病・代謝・内分泌科の能登洋医長らが
米の科学誌で長期(5年以上)にわたって糖質摂取量を制限すると死亡率が
高くなるというデータを発表しました。

食事全体で60~70%の糖質を食べているグループに比べ
食事全体で30~40%の糖質を食べているグループの
死亡率が1.31倍になっていたのです。

対象者が糖尿病患者ではない
海外論文のメタ解析なので食生活の違う日本人にはどうか?

突っ込みどころはありますがブームに乗りやすい人は
注意は必要かもしれません。

糖質制限食で糖尿病を改善しようと考えるなら
安易に実践することなく、主治医や専門家に相談すべきですね。

反論も・・・

糖質制限食を提唱してきた京都・高雄病院の江部康二先生はこう反論しています。
「今回の研究は中糖質群(糖質30~40%)と高糖質群(糖質60~70%)の比較研究です。
従いまして、スーパー糖質制限食(糖質12%)とは、何の関係もない論文です。」
→江部先生の反論
江部先生が推進してきたのが、糖質を摂取する割合を12%にまで抑えた
“スーパー糖質制限食”です。
また、死亡率が高まるという説に対してもスーパー糖質制限食を11年続けたが
健康を維持しているみずからの例を挙げて反論されていらっしゃいます。

【A1Cマスターひろ】は・・・

ひとりの糖尿病患者としては「糖質制限食」には以前から興味がありましたが
実施はしていません。

いろいろ理由はありますが、制限という響きにアレルギーが・・・
「これ以上、制限はイヤだ」という思いがあるようですね。
(IDDM歴20年でも食品交換表を理解していないヤツなので・・・)

今回データを発表した能登先生は
「今回の検討結果から糖質制限食に対して賛成・反対は言い切れない。

しかし、薬物治療を行っている患者では低血糖リスクも鑑み、
バランスよく食事を摂取することの大切さを伝える必要が
あるのではないか」と話しているそうです。
【A1Cマスターひろ】は少しでも変化を感じたら
血糖値を測定します。

【a1cマスターひろ】は医師ではありません。糖尿病のインスリン治療を続ける患者として主治医と確認の上治療を続けています。安易な自己判断でマネすることなく主治医の指導にしたがってくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top